Keep It Silly Simple

先ごろ、英 University College London 心理学部の Li Zhaoping 博士が、生物学誌 journal Current Biology に、「直感」に関する研究実験を報告した。

実験では、10名のボランティアに、一枚の絵の中に、あるデザインの図形と、それとは異なる様々な図形が描かれた絵を見てもらい、対象とは異なる図形を選んでもらった。650種の図柄について、基のデザインが裏返しだったり、逆方向になったりしたものから選ぶというものだ。

そして、図形を選択する際、考える時間を全く与えないで直ぐに答えてもらう、ごく短い見直す時間のある条件下で答えてもらう、検討するだけの時間を与える条件下で答えてもらうとし、その正解率を比較した。

結果は、見直す時間がない場合は正解率は95%だったのに対し、1.5秒程度の見直しが許される環境下では70%の正解率に低下した。直感で判断する方が良い結果が出たのだ。一方、見直しの時間を4秒以上にすると、正解率は上がり、直感で判断した時と同じ正解率になった。

理性的な脳の判断と直感的な脳の判断が異なる場合は、十分な時間があればその違いを確認し、正確な判断ができるようになる。しかし、そのような理性脳が働くには、目を通して情報が脳に到達し、判断しなければならない。ところが、脳がその判断をする前に元の図形が消えてしまうと、理性脳の判断と直感による判断とがごちゃごちゃになり、正解率が低下してしまうのではないかとの推論だ。

本能や直感は持って生まれたものだ。それは、訓練によって鍛えることができる。また、後天的に理論や学習によって得たものも、訓練によって意識下に眠らせておくことができるのだ。そうしておくと今度は実践の場で、より磨かれた感性として瞬時に表れるようになるのだ。

具体的な訓練とは、「谷越えを待って買い、山越えを待って売る」ことの、転換点の見極めの精度を高めることだ。単純に、このことだけに集中していると、自ずから相場に対する感性が高まり、チャートを一見しただけで、買いたい、売りたいという直感が働くようになる。そして、直感の正解率も高まるのだ。

1 2

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> その他> Keep It Silly Simple