相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(6393)油研工業

 四季報2015年夏号によると、柱の海外は、中国で出足好調、東アジアやインドも堅調。国内は設備投資需要増背景に工作機器、射出成形機メーカー向け需要増える。営業益堅調増。インドの電力施設売却益なく純益は微増止まり。
体制整ったアジアに続き、16年度以降は北米、欧州で工場、販社など拠点拡充を検討、代理店網も拡充。海外要員確保に向けローテーション人事など増やす。
8月7月決算発表。4-6月期、増収・大幅増益。2016年3月期見通しも増収・増益。
2012年11月14日の125円を安値にアベノミクス相場で急騰し、2013年3月12日の315円と約3ヶ月で2.5倍化となりました。その後、315円を高値とし185円を安値とする三角保ち合い(B)を形成し、この中で2014年4月28日の197円を安値に反発し上放れとなって、7月7日に279円の戻り高値をつけました。ここから10月17日の223円まで押し目を入れ反発となって、6月22日の282円で戻り高値更新となりました。その後もみあいとなっていましたが、日経平均の急落につれ安し8月21日に248円で売転換となり、8月25日の222円まで下落してリバウンドとなっています。

(6393)油研工業

(6701)日本電気

 四季報2015年夏号によると、システムは自治体の防災や航空・宇宙関連が堅調。製造や流通も受注が回復傾向。海外で顔認証などセキュリティ関連の引き合い増。次世代ネットワークやクラウドの開発費増こなす。連続増益。増配。
台湾・鴻海とデータセンターで提携。次世代ネット海外展開を加速。17年3月期にIFRS移行。のれん償却など消えて営業益100億円程度押し上げか。
7月30日決算発表。経営再建一巡で回復基調にあり2015年3月期は減収ながら大幅増益となり、2016年3月期見通しも増収・増益と好調維持。海外比率20%と少なく電気セクターながら内需関連銘柄といえます。
2012年7月24日の96円を安値にじり高となっていましたが、11月中旬からのアベノミクス相場にサポートされ上昇トレンド(A)を形成し、2014年2月27日の355円まで上昇しました。ここから押し目を入れ上昇トレンド(A)を少し切ったところで2014年4月30日の280円で底打ちとなって反発し、ゆるやかな上昇トレンド(B)へ移行しています。この中で2014年7月31日の405円の高値をつけてもみあいとなり、10月17日の324円、2015年2月3日の319円と2点底をつけて反発し、今年の4月27日には430円の高値更新となりました。ここを当面のピークにして調整後、反発するものの8月5日の415円まで上げてもみあっているところに日経平均の急落につれ安するものの8月25日の349円までと押し目は浅く下値は堅い動きとなっています。

(6701)日本電気

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!