自分にできることにチャレンジする

それにしても、インフレ政策と、消費税率の引き上げを同時に行ったことで、100兆円の消費でも、インフレで99兆円分のモノやサービスしか買えず、さらに8%の消費税で、91兆円分のモノやサービスしか手に入らなくなりました。消費者は大損です。ここで、消費税率10%、インフレ率2%にでもなれば、100兆円の消費でも売上は90兆円、実質的に手に入るのは88兆円分となります。破滅的ですね。

では、誰が得をしたのでしょう? インフレはカネの価値を下げますので、借金している人が得します。借りた時より、返す時の価値が低いからです。日本で一番多くの借金をしているのは誰か、ご存じですよね。増税分を手にするところです。また、インフレ政策では金利が上がり、利払いが苦しくなる恐れがありますが、量的緩和で国債を買っているので、金利水準は低いままです。つまり、政府・財務省にとっては、一見、完璧な政策だったのです。

本当は、税率を下げて、景気拡大、消費増による税収増の方が大きいと思うのですが、待てなかったのですね。こんな例は、世界の歴史、日本の藩政などでも枚挙に暇がないほど見つかります。世の中は理不尽なのです。

相場という鏡を通して、世界の政治経済をみていると、数え切れないほどの理不尽なことが、今現在の世の中で起きていることを痛感します。

そんな時、あなたならどうしますか? 日本を出ても同じですよ。どの国の政府も似たようなものです。歴史を学べば、理不尽でないところ、理不尽でない時代を見つけることの方がはるかに難しい。私は歴史上仮にどこかにあったとしても、短期間だけだったと見ています。

では、反政府運動をしますか? 歴史を学べば、これも同じですよ。少なくとも、私が知る限り、ユートピアなどありません。

こう言うと、夢のない奴。前向きでない奴だと思う人もいるでしょう。では、与党や野党、自国、他国の政治家に期待することが、夢なのですか? 前向きなことですか? 私も選挙投票こそ続けていますが、誰かに期待してもダメです。自分の人生に責任を持てるのは自分だけです。

インフレが苦しい、税金が重い、生活費が足りない。誰かに期待してもダメです。自分で何とかするのです。

相場があって良かった。相場は世の中で数少ない、自分で何とかできるところです。普通の人でも、他人任せではない、自分の裁量が振るえるところです。簡単ではありませんが、自分でやれることを、きっちりやり通すこと、私はそれが前向きな生き方だと理解しています。チャレンジするのです。

私にはもう1つ、自分にやれることがあります。皆さんに相場の魅力を伝え、理論やノウハウを伝授し、皆さん自身の「何とかしたい。チャレンジしたい」という気持ちにお応えすることです。

1 2

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> その他> 自分にできることにチャレンジする