リスクハングリーの世界金融市場、浮上する日本株式

(2) 景気循環的観点から心配するべき主要国はない

米国と日本においては2015年前半、幾つかの一過性要因により経済成長が落ち込んだが、年後半は成長を取り戻す局面に入っていく公算が大きい。ユーロ圏はギリシャ危機の封じ込めで循環回復圧力が顕在化、中国は株価暴落と景気失速懸念顕在化に対し、何でもありの景気対策発動により緩慢なる成長回復へ、年末にかけ世界景気は加速する公算が大きい。

ストラテジーブレティン140号「見えてきた日米欧、先進国主導の世界景気、BRCS(除くI)の衰弱と裏腹に~ サマーラリーの構図、ドル高と日欧株高 ~」(2015年6月8日)を参照ください。

(3) 日本物価急伸と米利上げで円安が進行しよう

先ず輸出物価から始まったデフレ脱却は、建設積算単価、不動産価格、輸入商品価格、国内外食価格、ホテル室料など広範に広がっている。実質賃金が上昇し、サービス価格上昇が定着するだろう。ESPフォーキャスト(エコノミスト41人によるコンセンサス)によると石油価格下落、消費税増税分の価格転嫁の一巡により2015年央にはCPI上昇率はほぼ0%まで低下するが、2016年末には1.3%まで上昇すると予想されている。日銀の2016年度前半に2%という目標達成は困難だが、デフレ脱却と内需拡大を推進に整合的な物価上昇が想定される。
年末にかけての日本の物価上昇率加速、米国の利上げはドル高円安をもたらすだろう。

(4) 加えて好需給の日本株

① 海外投資家の日本株買いは更に活発化すると予想される。最大の理由は世界的投資難。魅力的投資対象が著しく少なくなっていることにある。世界的長期金利の低迷は世界デフレ懸念というよりは、世界的貯蓄余剰と世界的投資対象不足が原因である。その中で日本株式の魅力度が高まる。2013年15兆円日本株をネットで買った外国人は2014年は8000億円と沈黙したが、2015年に入っても7月までにようやく2.1兆円買い越したところであり、依然日本株式はアンダーウェイトになっている。
② 国内公的資金・日銀、GPIF、ゆうちょ銀行、かんぽ生命、年金、保険など組み入れ増加
③ 国内個人資金 ・・・ 個人もやれやれの利益確定売りを続け2013年12兆円、2014年5兆円、2015年1~7月ですでに5.2兆円の大幅売り越しとなっており、待機資金は巨額になっている。
内外すべての投資家において日本株投資余力は空前の規模になっていると推測される。

ストラテジーブレティン140号を参照ください。

(5) 底に空前の好バリュエーションが不変であることがある

日本の企業増益率が主要国で最高と予想されていること、日本株式のPBRなどバリュエーションは世界最低であることから、割安さが際立っている。アベノミクス相場が始まって株価は2.4倍となったが大幅な増益により割安感は全く薄まっていない。また元利保証のトヨタ種類株に対する需要の高さは投資家のインカムに対する希求の強さを示している。高利回りが予想されるゆうちょ銀行、かんぽ生命株式のIPOにより、個人資金が市場に誘導される投資ブームが起きる可能性がある。

(6) 年末~年度末25,000円にむけ新たな上昇波動に

サマーラリー期待が完全にしぼんだ今こそ、投資チャンスなのではないか。9月末22,000円、年末から年度末にかけて25,000円程度への上昇が想定される。楽観説に異論があるとすれば、その根源は今が歴史的大相場の最中にあることを理解していないことであろう。

ストラテジーブレティン131号「素晴らしき2015年、日本本格復活を確信する年」(2014年12月15日)を参照ください。

1 2

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> リスクハングリーの世界金融市場、浮上する日本株式