相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(6937)古河電池

 四季報2015年夏号によると、自動車用バッテリーは国内向け停滞。ただ海外でタイの補修用が膨らむ。産業用も国内のビル非常用電源、中国の鉄道用など伸びる。海外新工場の立ち上げ負担増、鉛価格高こなし営業益反発。増配。
3月より福島・いわき事業所の充電工程の新建屋、蓄電池組み立ての新設備等が稼働。工程圧縮し生産合理化。インドネシア新工場は15年6月にも本稼働へ。
7月17日の中間決算は、5月11日時点の予想を上回る増収・増益
2012年11月中旬からのアベノミクス相場のスタートを受けて、11月22日に375円で買転換となり、2013年5月22日の728円まで上昇後、500円台でのもみ合いが続いたあと12月30日の603円で上放れとなり、2014年1月9日には1220円までの急騰となりました。ここをピークに急騰後の調整となって5月21日の581円で1番底、8月8日の625円で2番底をつけ、再び急騰となって9月4日には1660円の高値をつけました。ここから本格調整となって下降トレンド(B)を形成していましたが、今年の7月9日に730円で底打ちとなり、7月17日の中間決算を受けて7月21日に965円で買転換となりました。

(6937)古河電池

(6972)エルナー

 四季報2015年夏号によると、プリント回路の日系自動車向けは低調。だが、好採算のコンデンサーが顧客の生産台数増や採用電子部品点数増が追い風、欧米向け自動車用伸びる。稼働率も上昇。前期に効率悪化した海外工場も下期にかけて改善。営業益急回復。特損減る。
前期歩留まりが悪化したマレーシア工場は改装を加速、建屋の増設なども進める。自動車用を軸に付加価値品に注力。
2012年11月15日の76円を安値に、アベノミクス相場にサポートされて2014年4月10日の190円まで上昇。ここから5月21日の113円まで押し目を入れたあと、急騰となって7月8日には379円の長い上ヒゲをつける形となりました。押し目を入れたあと上ヒゲを実体で埋める動きとなりましたが、9月24日の350円まで上昇し、その後は押し目のあと10月6日の322円をつけ、結局は7月8日の379円、9月24日の350円、10月6日の322円と順下げの3尊天井となって急落となりました。
今年の7月9日には、107円の安値をつけスタートの昨年の5月21日の113円を下に切り、行って来いとなって底打ちの型となっています。7月9日に107円の安値をつけたあと、7月13日に111円の安値で526万株の大商いとなっていますので、底値を確認した可能性が高いといえます。

(6972)エルナー

(5191)住友理工

 四季報2015年夏号によると、IFRS導入で20億円の営業増益要因。国内は一般産業用が牽引。自動車用は北米が好伸。中国は減速しつつもまだ拡大。アジアも上向く。欧州のリストラ効果も寄与し営業増益。減損消え純益浮上。
16年に名古屋駅前ビルにグローバル本社設置、経営企画部など移転。燃料電池用部材の製造会社を設立、量産対応進める。京都の産業用ホース工場を順次増強。
2012年10月10日の671円を安値にアベノミクス相場にサポートされて11月20日の762円で買転換となり、上昇トレンド(A)を形成。この中で2013年3月14日の1154円、5月8日の1170円と2山つくって調整入りとなり、6月7日の798円まで下落しました。ここから上昇トレンド(B)へ移行し、2014年6月23日に1187円と2013年5月8日の1170円を更新したところで、再び調整入りとなりました。その後は10月29日の855円、今年の1月16日の851円とダブル底に近い形となって反発し、4月16日には1168円まで上昇しましたが、昨年の高値1187円を突破できず、2015年の業績下方修正を織り込んで下落となりました。しかし、2016年度は大きく回復し黒字転換と予想されていますので、安いところは買って水準訂正を待つところです。

(5191)住友理工

1 2

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!