S&P 500 月例レポート

hyo3

hyo4

投資家が押さえておくべきポイント
・6月のS&P500は2.10%値下がりし、第2四半期は0.23%の下落と、四半期としては2012年第4四半期の1.01%以来の下落となりました。ただし、年初来では依然として0.20%上昇しています。
・ギリシャ情勢はまだ悲劇が演じられるには至っていませんが(欧州の担当者がプエルトリコで休暇中でなければ)、いずれの国の誰かが債務元本の削減を強いられることになるでしょう。
・欧州市場に関しては、状況は前回のギリシャ危機時よりもはるかに健全で、他の周辺国への潜在的な波及効果を乗り切るための措置が既に導入されています。
・上海総合指数は6月12日の高値から17.4%下落しましたが、依然として年初来では32.2%、過去1年間では108.8%上昇している一方、2007年10月に付けた過去最高値を30.2%下回っています。
・米連邦最高裁判所が、医療保険制度改革法での税控除について合法の判断を下しました。これを受けて、医療保険セクターでM&Aの動きが続くのはほぼ間違いありません(適用範囲と同様、個人向け医療保険も今回の判決が増収につながり統合効果が見込まれるため、M&Aの動きにつながると考えられます)。
・企業は引き続き自社株買い戻しを拡大しており、浮動株数の減少とEPSの押し上げにつながっています。第1四半期時点の株数に基づくと、S&P500構成企業の12%による自社株買い戻しにより、第2四半期のEPSが4%以上押し上げられることになりました。しかも、これは第2四半期に実施された分を考慮する前の数字なのです。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> ETF/REIT> S&P 500 月例レポート