利潤率と利子率の乖離が示唆する歴史的投資チャンス~量的金融緩和がなぜ必須なのか、成功できるのか~

ブレティン137号(2015年4月7日付「ピケティ氏、水野氏を超える論点、r1>g>r2をどう解くか」)、で利潤率がかつてなく上昇している一方、利子率が大きく低下し、両者の乖離が拡大し続けていることを指摘した。そしてこれが歴史的投資機会をもたらす可能性があると主張した。そこで本レポートで、なぜ本来同じ資本のリターンであるはずの利潤率と利子率が著しく乖離し、ここ十数年かけて乖離が一段と拡大してきたのか、それがなぜ投資チャンスと考えられるのか、の分析を試みる。
 

banner
武者サロンの会員様向けに、「七夕の夕べ、ミニコンサートと白熱論議」と題しまして、第3回目となる勉強会&懇親会を開催致します。今回は七夕の夕べをお楽しみいただきたく、勉強会の前にヴァイオリンとピアノのミニコンサートを予定しております。
勉強会は、武者の講演、メディア、企業調査現場からのゲスト講演、質疑応答の1時間半を予定しています。その後、金融プロフェッショナルの参加協力を更に得まして、ワインとお食事をお楽しみいただきながら、より深い質疑応答、討論の場を予定しています。
まだ会員でない方は、まずは武者サロンへのご登録をお願いします(ご登録は無料)。
ご登録はこちらから > https://www.musha.co.jp/signup
ご登録済みの会員様は、ログインの上(https://www.musha.co.jp/signin)、マイページの「イベントのご案内>武者サロン 第3回 勉強会」よりお申し込みください。
皆様のご参加をお待ちしております。
  2015年7月7日 (火) 於:ザ・ペニンシュラ東京
  17:00~17:50 ミニコンサート
         1. 七夕のうた
         2. ヴァイオリンソナタ 第1番 第1楽章  ブラームス
         3. モルダウ             スメタナ
         4. 四季より「夏」第2,3楽章     ヴィヴァルディ
         5. 日本の夏のうた
         6. 剣の舞              ハチャトリアン
         ヴァイオリン 上原 満代 桐朋学園大学音楽学部カレッジ・ディプロマコース修了。
         ピアノ 伊藤 麻衣子

  18:00~18:45 武者 陵司 「現情勢の焦点と投資戦略」
  18:45~19:00 (予定・ゲスト講演)
  19:00~19:20 若林 惠太「日本の製造業の現場から稼ぐ力を考える」
         水戸証券 企業調査アナリスト。電機, 精密, 運輸, IT, 通信, 電力・ガスを担当。
  19:20~19:30 質疑応答 
  19:30~21:00 懇親会形式の質疑応答、討論
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 利潤率と利子率の乖離が示唆する歴史的投資チャンス~量的金融緩和がなぜ必須なのか、成功できるのか~