新潟農業とイノベーション・ジレンマ(その2)‐産地間競争の優位は揺らぐか?‐

3、地域農業に占めるコメの比重

◇コメは構造調整の優等生?
 意外に思われるかもしれないが、政府の保護行政を指摘されるコメ農業も、長期的に見ると、構造調整が大きく進んでいる。図1に見るように、全国のコメ生産額はピーク時(1994年)の3兆8249億円から、2013年1兆7807億円に減った。20年間で半分以下になった。コメ消費の減少に対応して、産業規模は大きく縮小したのである。

 新潟県のコメ生産額も、1994年の2976億円から、2013年1499億円に減った。全国に比べると減少幅が小さいが、大幅な後退と言えよう。

★図1 コメ生産額の長期推移

◇農業に占めるコメの比重の長期推移
 ‐構造調整の進展(全国vs新潟の比較)‐

 しかし、他県に比べ、新潟県の構造調整は緩やかである。農業全体に占めるコメの比重は、全国ベースで見るとピーク時の50%から20%に低下した。大変な構造調整である。これに対し、新潟県は70%から60%に低下したものの、低下幅が小さい。依然としてコメの比重が60%という高い水準にある。米モノカルチャー型構造が続いており、構造調整の遅れが目立つ。(図2参照)。

 コメ生産額の減少を要因別に見ると(表3参照)、新潟県は価格下落の効果が大きく、生産量の減少は相対的に小さい。コメ余りの状況と産地間競争の中で、価格を引き下げることで生産量を維持した構図である。コメ過剰の時代には、新潟コシヒカリのブランド効果にも限界があると言えよう。

★図2 農業生産に占めるコメの比重

★表3 コメ農業の要因別構造調整

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> その他> 新潟農業とイノベーション・ジレンマ(その2)‐産地間競争の優位は揺らぐか?‐