小次郎講師のボリンジャーバンド解説その7、「スクイーズによる仕掛けシグナル!」

3、損切りポイントと再エントリー

※スクイーズからエクスパンション1
「上限タッチで買い」の例

zu2
※スクイーズからエクスパンション2
「下限タッチで売り」の例

zu3

□上にスクイーズからエクスパンションが起こってその後、上限タッチで買った例と下限タッチで売った例を示した。どちらも大きなチャンスになっていることがよくわかる。

■すごいですね。

□ところがこのボリンジャーバンドの代表的仕掛けポイントにはヘッドフェイクという騙しがある。

■ヘッドフェイク?

スクイーズの後、エクスパンションが始まって、上限タッチして買いを仕掛けたらその後下がる。下限タッチして売りを仕掛けたらその後上がるという騙し。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 外為・海外市場・先物> 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その7、「スクイーズによる仕掛けシグナル!」