今週は、18500円水準を上限に高値もみあいとなるかどうか

(指標)日経平均

 先週の予測では、日銀のETF買いや年金の買い観測に支えられて先高期待はあるものの、地政学的リスクもくすぶっており、心理的フシ目の18000円水準でのもみあいを想定しました。
 結果的には、週前半の16日(月)17日(火)こそ18000円を挟んだもみあいとなりましたが、18日(水)には特別に大きな材料はないものの銀行の主力株が相場を牽引し△212円の18199円となって、昨年末の12月8日の18030円を上回る昨年来高値となりました。19日(木)はそのまま買いの勢いが続いて2007年のザラ場高値と終値を更新し、△65円の18264円と15年ぶりの高値となりました。週末の20日(金)は続伸し△67円の18332円で引けました。結局、チャートでは2月12日に17979円のろく買となって上放れの形でしたが、より明確な上放れとなりました。
 今週は、先週約15年ぶりの高値を更新したことが、中長期的には2万円を目指す動きが想定されるものの、目先は騰落レシオの130%超えなど過熱感もあり利益確定も出やすいところです。但し、先週末のアメリカ市場でシカゴ日経先物が18525円となっており、18500円を試す展開となり、この水準を上値にもみあう可能性があります。
 週明け23日(月)は、シカゴの日経先物にサヤ寄せする形で△167円の18499円で寄り付くものの18509円を高値に、高値警戒感と利益確定売りから上値が重くなり、後場には18402円まで押し目を入れましたが、終値では△134円の18466円で引けました。

日経平均2-23

(指標)NYダウ

 先週の予測では、懸念材料としてはギリシャの債務問題とウクライナの情勢があるが、問題がなければ最高値圏での推移となるとしました。
結果的には、連休明けて19日(木)までは経済指標が相次いで予想を下回ったものの、下値は限定的で18000ドルを挟んだもみあいとなっていましたが、週末の20日(金)は欧州財務相会合でギリシャ支援が4ヶ月延長されたことを好感し、△154ドルの18140ドルと史上最高値更新で引けました。
今週は、チャートの形からは先週末にザラ場ベースで12月26日の18103ドルをアタマとする3尊天井を形成し、2月2日の17037ドルまで押し目を入れて2月4日に17673ドルで買転換となり、先週末の2月20日の18144ドルで3尊天井を上に抜けましたので「3尊天井の崩れ型」という更に一段上昇の形となりました。チャートからみると、当面の上値は2013年10月9日の14719ドルからの上昇トレンド(A)の上値斜線にあたる18500ドル水準となります。

NYダウ2-20

(指標)ドル/円

 先週の予測では、相場に方向感が出にくくなっており、120円台を上値に118~120円台でもみあう展開になるとしました。
 結果的には、ギリシャの債務不安でリスク回避のドル売りとなって118.18円までの円高となりましたが、ギリシャの救済報道で17日(火)に119.42円までドルが買われ、その後アメリカの経済指標の予想を下回る結果でドルが118円台半ばまで売られましたが、週末の20日(金)は欧州財務相会合でギリシャ支援が4ヶ月延長で合意されたことで、119.06円で引けました。
 今週も先週に続き118~120円台のレンジでの推移が想定されます。この中で、円高方向か円安方向かは24日(火)のFRBイエレン議長の議会証言が注目となります。利上げが予想よりもあとにズレる可能性が高まれば円高・ドル安、利上げについてタカ派的発言が出ると早期利上げ期待からドル高・円安が進むことになります。

ドル円2-20

1 2

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は、18500円水準を上限に高値もみあいとなるかどうか