今週は、円安基調ながらイベント多く、高値圏でのもみあい

(指標)日経平均

 先週の予測では、上値・下値共に限定的で17500円を挟んだ±300円のレンジが基本で、主要企業の決算発表の本格化で個別物色の動きとなるとしました。
 想定通り、前半は3日(火)に17271円まで下落するものの、4日(木)は原油価格が1ヶ月ぶりの高値となったことでNYダウが大幅上昇となり、日経平均も17743円まで上昇しました。5日(木)は、ギリシャの信用不安と円高が重しとなって17484円まで下落し、週末6日(金)はNYダウの大幅続伸を受けて△143円の17648円で引けました。17500円±300円のレンジ内の動きとなりました。
 今週は、前週末の米雇用統計が予想を上回ったことで一時119円台まで円安が進み、シカゴCMEも△150円の17810円となっていたことで、週初めは輸出関連株が買われる展開となりそうです。但し、チャート的には17000~18000円のボックス相場となっており、18000円水準は上値重く、18000円を突破するには何か材料が必要といえます。今週は、17500~18000円の高値圏のもみあいを想定。
 週明け9日(月)は円安を受けて△141円の17790円で寄り付くものの、17799円をピークに上げ幅を縮小し△63円の17711円で引けました。米雇用統計の改善を受けてNYダウが利上げ懸念から下落したことが、上値を追えない理由となっているようです。

日経平均2-9

(指標)NYダウ

 先週の予測では、チャートの上からはもう一段安くなるところであり、週末6日(金)の雇用統計を控え神経質な展開が続くとしました。
結果的に、週明けの2日(月)に17037円まで下げたところで、原油価格の底打ち期待から大幅反発の△196ドルの17361ドルとなりました。その後も原油価格が大幅な反発が続いたことで、5日(木)の△221ドルの17884ドルまで4日続伸となりました。週末6日(金)は雇用統計の予想を上回る改善を受けて17951ドルまで上昇するものの、利上げが意識され、又ギリシャ懸念もあって▼60ドルの17824ドルと反落して引けました。
今週は、先週末の1月雇用統計が予想を上回ったことで早期利上げ観測が高まり、上値は重くなる可能性が高く、原油先物価格やギリシャの財政問題の動向が加わって高値圏での荒い値動きが想定されます。チャート上は、17000~18000ドルのボックス圏の上限に接近して上値が重たくなる形といえます。

NYダウ2-6

(指標)ドル/円

 先週の予測では、週末にアメリカの雇用統計を控えて方向感のない動きが続き、雇用統計が予想を上回れば早期利上げ観測からドル買い・円売りとなってくるとしました。
 結果的には、5日(木)までは116円を安値に引け値ベースでも117円台での動きとなって方向感のない展開となっていましたが、6日(金)の雇用統計が予想を上回る結果となり、FOMCによる6月の早期利上げ観測が台頭し、ドル買いとなって119.22円まで円安が進み、118.93円で引けました。
 今週は、先週末の雇用統計の結果を受けて早期利上げ観測から日米金利差拡大期待もあり、又先週は中国やオーストラリアの金融緩和もあり、アメリカとの金融政策の方向性の違いからドルの独歩高となりやすく、円安基調が想定されます。ただ、今週は米国債の償還・利払い日が近づき、ドル売り・円買いが強まる可能性もあります。117~120円のレンジを想定。

ドル円2-6

1 2

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は、円安基調ながらイベント多く、高値圏でのもみあい