相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(6315)TOWA

 四季報2014年新春号によると、中国、台湾の半導体投資拡大を受け独自のコンプレッションタイプの封止装置が出荷伸長。競合少なく好採算。金型も順調で大幅増益。為替益膨らむ。創業者功労金特損3億円。16年3月期も半導体投資堅調。封止装置出荷は横ばい維持。小幅増益。

11月11日の決算発表で、15年3月期通期業績予想を大幅に情報修正。
2013年5月21日の813円を高値に下降トレンド(A)を形成し、この中で今年の2月4日に441円で底打ちとなりました。4月2日の549円まで反発後、5月8日の494円まで押し目を入れ、その後は上値・下値を切り上げる上昇トレンド(B)となっています。業績予想からみると、この水準から下げたところは買い有利といえます。

6315TOWA

(4023)クレハ

 四季報2014年新春号によると、腎不全薬の一時金を下期計上、薬価改定はね返す。PPS、PGA樹脂が拡大し、機能製品の赤字も急縮小。ただ農薬北米輸出に変調の兆し。通期増額見送り。16年3月期は機能品黒字化の一方、償却膨らむ。

2012年2月13日の427円を高値とし、10月15日の265円を安値とする三角保ち合い(A)の中で徐々に煮詰まり、2013年10月31日の378円で上放れとなって急騰、今年の1月6日に554円の高値をつけました。ここから2月4日の429円まで押し目を入れたあと上向きの先細三角形(B)を形成していましたが、10月17日の489円を安値に反発し、11月27日には592円まであって年初来高値更新となって、上放れの形となりました。現在、日経平均の急落につれ安となりました。

4023クレハ

(7201)日産自動車

 四季報2014年新春号によると、新車販売は545万台(前期比5%増)に下方修正。日本の増税反動減に加え中国やブラジルが鈍化。が、新型SUV好調な欧米が補う。海外生産増強による原価低減と円安効き増益。16年3月期は中国低調も北米続伸。国内緩やかに回復。増配へ。

2012年10月10日の639円を安値に11月中旬にアベノミクス相場がスタート、11月16日に738円で買転換となって急上昇し、2013年5月22日の1250円の高値をつけました。ここから下降トレンド(B)となっていましたが、この中で今年の2月4日に824円で底打ちとなり、900円を挟んだもみあいのあと上に抜けて12月8日に1147円の戻り高値をつけました。目先は、ここをピークに日経平均の急落と円安一服で反落していますが、日経平均が落ち着けば買い直される可能性が高い銘柄といえます。

7201日産自動車

1 2

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!