相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(8604)野村ホールディングス

 四季報2014年秋号によると、リテールはストック収入増。ホールセールは大型IPO獲得で下期挽回。海外復調。人件費の一括計上分は第1四半期で吸収済み。だが前期のような売買激増場面なく利益反動減。海外税効果。減配か。
10月28日の決算発表では、14年7~9月期の連結最終利益が30%増の528億円に拡大して着地。売買収益の回復が寄与。1.09%を上限とする自社株買いも。
大底圏での三角保ち合いの煮詰まったところで2012年11月13日の279円を安値に、11月16日に316円で上放れとなり、アベノミクス相場にサポートされて2013年5月22日の980円まで約半年で3.5倍化となりました。その後は日経平均の急落につれ安して6月27日の659円まで下落、そこからもみあいとなって11月22日の831円の戻り高値をつけた後は再下落となり、今年の4月30日には587円の安値をつけました。ここから6月23日の752円まで反発するものの、日経平均の急落につれ安し、10月17日に576円と年初来安値更新となりましたが、2点底の形となって戻りを試す形となりました。日銀の追加緩和策で「円安・日本株買い」となり、11月4日には750円の高値をつけて、1億3727万株の大商いとなりました。現在は日柄整理中となっています。6月23日の752円、11月4日の750円と2山形成しての押し目買いですので押し目が浅く、752円を終値で突破できれば一段高の形といえます。今期は減収・減益見通しですが、株式市場の状況が一変していますので、期待がもてます。

8604野村ホールディングス

(5393)ニチアス

 四季報2014年秋号によると、主力の工業製品はシール材、無機断熱材、フッ素樹脂製品が続伸。反落見込んだ半導体向けもスポット案件あり伸びる。自動車向け、プラント向け堅調。償却増や基幹システム更新費をこなし増益。
11月10日の決算発表で7~9月期経常益は7%増の27.3億円。中間期は通期に対し進捗46%
2012年6月5日の354円を底値に三角保ち合い(A)を形成し、この中で11月9日の372円を安値にアベノミクス相場がスタートしたことで12月7日に429円で買転換となって上放れとなり、上昇トレンド(B)を形成しました。この中で、今年の1月21日に780円まで上昇後、高値圏でのボックス相場(C)の動きとなっています。

5393ニチアス

(5729)日本精鉱

 四季報2014年秋号によると、金属粉末は電子部品用微粉末は堅調でも一般の銅粉末が低価格の鉄系粉末に押され採算悪化。ただ難燃用のアンチモンは自動車向け軸に拡大。塩ビ管向けなど建築資材用も伸長。出荷が想定超で販価軟調こなす。前号よりも営業増益の幅拡大。
10月31日決算発表済み。中間決算の上方修正。15年3月期見通しも増収・増益。
2011年2月14日の409円を高値に下降トレンド(A)を形成しました。この中で、2012年9月5日の193円、10月12日の194円とダブル底を形成し、11月中旬のアベノミクス相場のスタートで12月18日に228円で買転換が出現、下降トレンド(A)を上に抜けて上昇トレンド(B)へ移行しました。この中で、今年の5月21日の275円を安値に7月18日には403円の年初来高値更新となり、ここをピークに買われ過ぎからの下落となりました。日経平均の急落につれ安し、10月17日には297円の安値をつけて戻りに入っているところです。主力株が買いづらくなっていますので、これが続くと中小型株や2部株の物色となってきます。

5729日本精鉱

1 2

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!