円安対策を急げ!

・通貨戦争

通貨戦争という言葉がある。為替レートは相対的なものなので、自国産業を有利に導こうと、政策で通貨安誘導することだ。通貨安を誘導していると米国などが認定すれば、それなりの制裁を受けることになる。

G5でドル安誘導を行ったように、米国はしばしば政策で通貨安誘導する。他の国々も同様で、通貨高にいつまでも耐えている国は皆無に近い。通貨政策は戦いなのだ。日本と共に最後まで通貨高に耐えていたスイスも、数年前に対ユーロでの通貨安誘導政策を採るようになった。日本がスムージング・オペ以上のことを行ったのは、1995年のドル買い介入だけだが、その時は、米国のドル高意向と一致した。

日本が円高に耐えてきたと書いたが、貿易黒字が実需の円買いを示していたので、輸出製造業は自分で自分の首を絞めてきたという見方もできる。あおりを食ったのが日本を離れられない産業だ。そう考えると、地方の衰退も、円高とは無縁ではなかったように思えてくる。

このところ、円安懸念の大合唱で、日銀の黒田総裁が「総合的には円安メリットの方が大きい」と弁明させられるような状況だ。私は、雇用市場の急改善だけをみても、円安メリットはとてつもなく大きいと考えている。それでも、円安に苦しんでいるという人たちは、先のG5以降のチャートをもう一度ご覧頂いて、円高で苦しんできた人たちに思いをはせて欲しい。このレベルではまだまだ、円高水準なのだ。ちなみに電気代値上げは、エネルギー政策の失態を、円安デメリットに転嫁させられていると見ている。

・円安というビジネスチャンス

円高不況で雇用が失われ、地方の衰退が加速していた頃でも、誰かにメリットがある、デメリットがあるなどとは関係なしに、実需やその他の為替レートの決定要因によって、円高は継続した。

同じように、今、円安懸念の大合唱をしたところで、決定要因はかまわず為替レートを動かしていく。円高に苦しんできた人たちが円高対策を採り続けたように、円安が苦しいのなら、円安対策を採ることを検討せねばならない。

してみると、この円安が続くのかどうかを見極めることが、ビジネスをピンチにもチャンスにも変えるといえる。通貨高、通貨安は外部環境だ。ビジネスとは、自己内部の事情や意欲と、外部環境とのすり合わせなのだ。

円の長期トレンドに最も大きな影響を与える要因は、日本の貿易収支だ。貿易赤字が続くと見なすならば、長期的な円安対策を考えた方がいい。

円の中期トレンドに最も大きな影響を与える要因は、日米金利差だ。皆さんが資金を借りる時に体験しているように、通常、金利は信用力がない方が高く払う。日米金利差の場合は、あたかも日本の方が信用力に優れているかのような状態が長く続いている。低利の円を借り、高利の米ドルで運用すれば、少なくとも信用リスクで得をしながら、金利収入も得られるのだ。そのことを反映し、日米金利差が開くと、低利の円を借り、高利の米ドルで運用するキャリートレードが増え、ドル円が上昇する傾向が強い。

ここで、2014年10月末に起きた「米連銀の量的緩和終了」と、「日銀の追加緩和」の組み合わせは、近い将来の日米金利差の拡大を強く示唆している。
参照チャート:量的緩和時期のズレで予想されること
zu4

また、「日銀の追加緩和」の同日に、GPIFの資産配分の見直しを政府が承認した。この見直しにより、2013年末比で約17兆円の円売りが、年金投資の実需として出てくる見通しとなった。
参照チャート:GPIF資産配分見直しを公表
zu5

個々の経済指標は挙げないが、米国は先進国で1人勝ちと言われる位、景気が回復してきている。そこが、先進国で最も高い金利を提供しようとしている。私はドルが売られる要因は、当面、買われ過ぎの自律反落くらいかと見ている。

もし、円安トレンドが続くとして、最も考えやすい対策は、これまでの海外調達、海外消費から、国内調達、国内消費への転換に対する対応だ。また、国産品に対する国内外需への対応だ。つまり、これまで海外に逃げていた資金が国内に帰り、新に海外の資金が入ってくる。そうなると、いずれはまた円高圧力になるかも知れないが、そんなことは、今、考えることではない。目先の転換点を見極めることが大切だ。

消費税率を再引き上げすると、消費は落ち込み、企業の調達コストも上がる。欧米の例では、景気の落ち込みで税収すら下がる。それでも恩恵を受けるのは、景気対策を直接に受けるところだ。政府の裁量が増すので、政府に近い人たちが支持するのも理解できなくはない。

日本全体、特にサイレント・マジョリティには辛いところだが、円安になると、国内産業が広く復活するとみているので、私は乗り越えられると期待している。

1 2

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> その他> 円安対策を急げ!