小次郎講師のボリンジャーバンド解説その3、「標準偏差を制するものがボリバンを制する!」

6、実戦ボリバン計算

□読者の皆さんは、大丈夫かな?標準偏差の計算、このように、意味まで理解しようと思うとなかなか大変だが、とりあえずは先ほどの「標準偏差の計算法」で計算の仕方だけでも覚えてくれ。
さて、ボリンジャーバンドに合わせて20個のデータで標準偏差を実際に計算してみよう。

【下記データの標準偏差を計算せよ】
1日目4000円
2日目4050円
3日目4100円
4日目4150円
5日目4030円
6日目4000円
7日目3950円
8日目3900円
9日目3850円
10日目3880円
11日目3870円
12日目3740円
13日目3880円
14日目3890円
15日目4050円
16日目4130円
17日目4120円
18日目4060円
19日目4150円
20日目4200円

■む、難しい。まずは平均値でしたっけ?

□まずはステップ1、 20個のデータを足し、それを20で割って平均値を出す。上記データの合計は8000円ということは平均値は4000円。

■なるほど。

□続いてステップ2、平均値とそれぞれの差を出す。ステップ3、それをそれぞれ2乗する。

【ステップ2、3 平均値との差を計算し、2乗する】
1日目4000円  +0    0
2日目4050円  +50  2500
3日目4100円 +100  10000
4日目4150円 +150  22500
5日目4030円  +30   900
6日目4000円  +0    0
7日目3950円  -50  2500
8日目3900円 -100  10000
9日目3850円 -150  22500
10日目3880円 -120  14400
11日目3870円 -130  16900
12日目3740円 -260  67600
13日目3880円 -120  14400
14日目3890円 -110  12100
15日目4050円 +50  2500
16日目4130円 +130  16900
17日目4120円 +120  14400
18日目4060円 +60  3600
19日目4150円 +150  22500
20日目4200円 +200  40000

□ここまで大丈夫か?ついてきてるか?

■かろうじて。

□ステップ4、2乗したものを合計し、その平均値を出す。上記の合計が296200円。平均値は14810円。
ステップ5、その平方根を求める。14810円の平方根は121.7

■この平方根を求めるのが難しい。

□エクセルでは簡単。SQRT関数が平方根を求める関数。そして、その計算で出てきた数字「121.7」が標準偏差。

■ようやく標準偏差にたどり着きましたか。計算の仕方は分かってきましたが、いちいち計算するのがめんどくさい。

□エクセルを使えば簡単。実はエクセルには標準偏差を計算する関数もあってSTDEVP関数という。これを使えば、一発で標準偏差が計算出来る。

■あちゃ。それなら最初からそれを教えてくれれば。

□そういうわけにはいかない。標準偏差がどういうものか、どういう考えで成り立ち、どう計算して求めるかを正しく把握することがボリンジャーバンドの正しい理解につながる。

■恐ろしい講座ですね。ボリンジャーバンドの解説で標準偏差の解説をここまでやっているところみたことがないです。

□何度も言うが、それが小次郎講師流。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 外為・海外市場・先物> 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その3、「標準偏差を制するものがボリバンを制する!」