今週はいったん自律反発へ。不安定な動きはまだ続く可能性

(指標)日経平均

 先週の予測では、底値を探る値動きになりそうですが、底値を確認するには欧米株式の下落が一旦落ち着くかどうかにかかっているとしました。チャートでは、200日移動平均線(10月10日15123円)を切ると心理的フシ目の15000円、ここを切ると8月8日の安値14753円が下値ターゲットになるとしました。
 結局、欧米株式が世界的な景気減速懸念で急落し、それにつれて日経平均は次々と下値の抵抗帯を突破して、週末の17日(金)は一時14529円まであって▼205円の14532円で引けました。ほとんど下げ過ぎの水準まで下落してきました。引け後のアメリカ市場は欧、米株式の大幅反発や経済指標と決算が予想を上回ったことで△263ドルの16380ドルとなり、シカゴ先物は△350円の14880円でした。
 週明け20日(月)は、先週末の欧米株式の大幅反発と為替の107円台への円安進行を好感し全面高となって、今年最大の上げ幅の△578円の15111円で引けました。一気に目先の上値のフシになる15600円台へ接近してきました。メッセージで述べたように、外部環境に特別変化が出たわけではなく、下げすぎからの大きなリバウンドというのが実態だと思われます。200日移動平均線(15103円)を上回って、下げ幅の1/3戻し(15144円)に接近しています。アメリカ株式次第と言っていますように、このままNYダウが16700ドルを突破するような動きになればもう一段高も期待できますが、そうでなければもみあったあと再下落となって2番底を探る動きも考えられます。

日経平均10-20

(指標)NYダウ

 先週の予測では、欧州株式の動きや企業決算をみながら不安定な展開が想定されるとしました。チャート上は、この時点までの下げは高値から約4.7%の値幅調整に過ぎず、今年初めは約7.5%の下げですので、同じくらい下げるとして16000ドル水準まで下げると約7.5%となって、ほどよい値幅調整になるところでした。
結局、週明け13日(月)はエボラ出血熱感染拡大懸念や欧州株式の大幅下落などを嫌気して▼223ドルの16321ドルと、8月7日の16333ドルを切ったことで下げが加速する形となりました。15日(水)は一時▼460ドルの15855ドルと16000ドルを切り、終値は▼173ドルの16141ドルと荒っぽい動きとなりました。しかし、週末の17日(金)は、欧州株式が金融緩和期待で大幅反発し、経済指標の上振れや好決算で△263ドルの16380ドルと反発して引けました。
先週末の17日(金)は、欧州株式の大幅高や10月ミシガン大学消費者信頼感指数や決算が予想を上回ったことで△263ドルの16380ドルの大幅反発となりましたが、エボラ出血熱の感染拡大やQE3の終結の不透明さもあり、FOMC(10月28日~29日)を通過するまでは乱高下が続く可能性があります。目先の上値のフシは16400ドル台→16700ドルというところです。

NYダウ10-17

(指標)ドル/円

 先週の予測では、これまで円安・ドル高を牽引してきたアメリカの長期金利が一転して大きく下げており、円安相場が調整する可能性が出てきたとし、106~109円のレンジを想定しました。
 結果的に、欧州株式の急落やエボラ出血熱の世界的な拡大懸念から世界的な景気減速懸念が出てリスク回避の円買いが強まり、105.23円までのドル売り・円買いが進行しました。しかし、週末の17日(金)は、セントルイス地区連銀総裁のQE3終了先送りの表明もあり、ドル売り一服となって106.88円で引けました。
 今週は、先週の波乱相場も落ち着き、円高は一段落したことで日米の金融政策の方向性の違いを反映した円安・ドル高の基調に徐々に復帰していくものと思われます。今週は106~108円のレンジを想定。

ドル円10-17

1 2

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週はいったん自律反発へ。不安定な動きはまだ続く可能性