小次郎講師のボリンジャーバンド解説その2、「間違いだらけのボリンジャーバンド解説」

2、間違いだらけのボリンジャーバンド分析

□さて、ボリンジャーバンドの見方をインターネットで検索すると次のような紹介が多い。

・ボリンジャーバンドの各線は標準偏差を示す。
・統計学上データは+1シグマから-1シグマの間に68.3%入り、+2シグマから―2シグマの間に95.5%入る。
・ということは+2シグマを超える、-2シグマを割り込むということは5%以下の特殊現象。
・そんな特殊現象が長く続くことはありえないから、+2シグマを超えたら買われすぎということで売る、-2シグマを割り込んだら売られすぎということで買う。

zu5

「-2シグマ以下になったら買い、+2シグマ以上になったら売る」というのが売買シグナルとして有名だね。実はこれが大間違い。

■間違いなんですか?

□検証してみよう。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 外為・海外市場・先物> 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その2、「間違いだらけのボリンジャーバンド解説」