今週は週末にイベントを控え、高値圏のもみあいへ

(指標)日経平均

 先週の予測では、昨年来高値を更新して目標達成感もあり、又円安も一服しておかしくないため、高値圏のもみあいとなることを想定しました。
 週初めの22日(月)は、連休の谷間ということもあり円安一服で利益確定売りで▼115の16205円となりました。休日明けの24日(水)はNYダウの2日連続安を受けて16094円まで下落するも押し目買いで▼38の16167円の下げに留まりました。25日(木)は、NYダウの反発と109円台の円安進行で一時16374円と9月19日の16364円の年初来高値を更新し、△206の16374円でした。週末26日(金)は、NYダウの大幅下落を受けて▼144の16229円と反落。結局、高値圏での大きなもみあいとなりました。
 今週は、地政学的リスクの高まりがなければ、109円台の円安から今後本格化する決算発表を前に輸出関連企業の業績上振れ期待から押し目買い意欲強く、16000円台前半中心に堅調な動きが想定されます。但し、週末にかけてECB理事会やアメリカの9月雇用統計を控えており、様子見ムードも出るところです。
 週明け29日(月)は、先週末のアメリカ株高と対ドルで6年ぶりの円安水準を更新したことで△109の16339円と高寄りしましたが、16344円をつけると利益確定売りに押される動きとなりました。午後に16262円まで下げるものの、為替が109円台後半の動きとなったことで終値は△80の16310円となりました。出来高・売買代金共に減少してきています。

日経平均9-29

(指標)NYダウ

 先週の予測では、中期上昇トレンド(A)の中で上向きの先細三角形(B)の上値抵抗ラインにアタマを押さえられる形となっており、高値圏でのもみあいを想定しました。
週初めは、中国の経済減速の懸念や前週のアリババ上場のイベントが通過したことで利益確定売りが広がり、2日連続の大幅下落となって、23日(火)は▼116の17055ドルとなりました。24日(水)は8月新築住宅販売件数が予想を大きく上回ったことで△154の17210ドルと反発するものの、25日(木)は地政学的リスクの高まりやアップルの反落から▼264の16945ドルと約2ヶ月ぶりの大幅下落となりました。週末26日(金)は、4~6月期GDPが上方修正されたことで△167の17113ドルと反発し、週間を通して大きなもみあいとなりました。
今週も引き続き地政学的リスクが警戒されますが、10月2日のECB理事会と10月3日のアメリカの9月雇用統計が注目となります。ECBは追加利下げの余地はなく景気が一段と悪化した場合に、ドラギ総裁が量的緩和策をとることを言及するのかどうかがポイントとなります。雇用統計は、前回は予想外の雇用者増加数が不振だったので、今回の結果に市場が反応する可能性があるため、それまでは様子見ムードが強いといえます。高値圏でのもみあいの継続となりそうです。

NYダウ9-26

(指標)ドル/円

 先週の予測では、1ヶ月近くで7円近い円安進行となっていることで円の買い戻しが強まってくるところですが、日米金利差拡大の可能性が高いため、中期的には円安は続くとしました。
 週前半から半ばにかけては、ドル買いの一服感もあって108円台後半の動きとなっていましたが、週末26日(金)の発表で米4~6月期GDPが前月比年率△4.6%に上方修正されたことでドルが買われ、109.53円まであって109.28円で引けました。
 今週は、相場への影響が大きい経済指標やイベントが多く、再び円相場が動き出して1ドル=110円を試す可能性が出てきました。10月1日の日銀短観、10月2日のECB理事会、10月3日の9月米雇用統計が注目となります。チャートからだと110円台を試したところでいったん調整という見方ができます。

ドル円9-26

1 2

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は週末にイベントを控え、高値圏のもみあいへ