相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(4007)日本化成

 四季報2014年秋号によると、アンモニア系が最悪期脱する。半導体向け合成石英、高純度薬品も好転。引き続き脱硝用尿素水が稼ぐが、出足順調の光硬化樹脂、接着剤が先行き不透明。会社数字強め。営業外にソーラー用地の賃貸料。
2011年1月27日の229円を高値に下降トレンド(A)を形成。この中で、2012年10月15日の91円で底打ちとなり、11月中旬のアベノミクス相場にサポートされて12月7日に109円で買転換が出現、2013年1月21日の194円まで上昇しました。その後、1月21日の194円を高値とし、6月7日の112円を安値とする三角保ち合い(B)へ移行しました。この三角保ち合い(B)の煮詰まったところで、今年の3月20日の125円、5月21日の125円とダブル底をつけて6月3日に139円で買転換となってもみあい、9月2日に147円で更なる上昇を示す「ろく買」が出ています。

4007日本化成

(4022)ラサ工業

 四季報2014年秋号によると、ガリウムなど電子材料は市況悪続き利益低迷。が、柱の化成品は高純度リン酸が牽引。機械は砕石機が消費増税後に国内一服でも海外向け下水道建設用掘進機の受注好調。掘進機の引き渡し時期遅れで利益下期偏重強まるも、営業益小幅増。
2012年7月24日の66円、10月10日の66円とダブル底をつけて11月22日に78円で買転換となって、2013年3月7日の159円まで上昇しました。ここから6月7日の103円まで押し目を入れてもみあったあと急騰となって、9月26日には281円まで上昇しました。その後、公安委が水処理用薬剤の入札談合疑惑で同社など7社に立入検査し、これを嫌気して大幅下落となって下降トレンド(B)を形成しました。この中で5月21日の118円まで下げたあと6月6日の154円まで反発し、横もみへ移行しました。このもみあいの中で、8月14日の137円を安値に反発しかかっているところです。6月6日の154円を終値で抜けると上放れの形となります。信用買い残が多いため、170円台からは上値は重くなりそうです。

4022ラサ工業

1 2

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!