米国株は買われすぎなのか?メディアに煽られずに冷静な判断をする秘訣

【図1】ナスダック1995年~2014年現在

図1

【図1】のチャートは、1995年から2014年現在までという長期的観点からナスダックの株価の推移を見たものです。

現在ナスダックは、「2000年に記録した最高値まであと12%」というところまで上昇してきています。

 ところが、市場の状態が「極端な買われ過ぎだ」と判断できることから、経済メディアや一部の投資家たちは、暴落の可能性を危険視しているようです。
 実際のところ多くのメディアや経済ニュースは、大幅な上昇には懐疑的な見方を示しており、今後もそのような見解で報道すると思われます。

 しかし、ナスダックはまだ強い上昇トレンド内で動いています。

 これから具体的にチャートを見ながら分析していきますが、その前に、チャートとパターンを一つ学習しましょう。

【図1】を見てチャート分析専門家ならば、現在ナスダックがあるパターン内で値動きしているということに気が付くでしょう。

 そのパターンとは、上昇ウェッジパターンです。

 ウェッジパターンとは、株価の上値と下値が序々に切り上がっていき、株価の変動も小さくなっていく型です。

 ウェッジパターンで下降トレンドへ転換する場合、株価の変動が小さくなった頂点で上値を追うエネルギーの限界が生じ、株価は天井を打って下降トレンドに変換する可能性が高いチャート形状となります。【図2(2)参照】

 一方、上昇トレンドへ転換する場合、株価の変動が小さくなった頂点で下値を売り込むエネルギーの限界が生じ、株価は底を打って上昇トレンドに変換する可能性が高いチャート形状となります。【図2(1)参照】

【図2】ウェッジパターン例

図2

 一般的にこのパターンから起こりうる結果は以下の2通りです。

 1通り目は、図2(1)のように、価格が上のトレンドラインを上抜けし、その後大幅に上昇していきます。
このような結果が起こった場合には、ナスダックはほぼ確実に2000年の最高値を更新するでしょう。

 一方で、図2(2)のように下のトレンドラインを下抜けした際には、その先には深刻となる問題が待ち構えているというサインになります。

 現時点で私たちには、市場がどちらの方向に行くのか分かりません。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 株取引の知識・スキル> 米国株は買われすぎなのか?メディアに煽られずに冷静な判断をする秘訣