今週も薄商いの中、ETFの買付や年金資金の買いが下支え

(指標)日経平均

 先週の予測では、4~6月期の決算発表も終わり手掛かり材料に欠けるため、上値の重い展開が想定されるが、テクニカル的には短期の上昇シグナルを示しているため、NYダウがしっかりしていればもう少し戻りを試すことになるとしました。
 結果的には、地政学的リスクが落ち着いている中でアメリカの経済指標が次々と予想を上回る結果となり、FOMC議事録の内容が労働市場の改善を示唆したこともあってアメリカの景気回復期待が高まり、NYダウの大幅上昇や為替が1ドル=104円を試す動きとなったことで、薄商いのなか21日(木)まで9連騰となりました。週末22日(金)はバブル期以来の10連騰への挑戦となりましたが、後場に週末要因もあって手仕舞い売りに押され、▼47の15539円と10日ぶりの反落となりました。柴田罫線では、21日(木)に為替が前日より一気に1円近い円安の104円を試す動きとなったことで15000~15500円の上限を突破し、△131の15586円となって買転換が出現しました。
 今週も為替の円安基調と海外市場が堅調で地政学的リスクが和らいでいれば戻りを試す動きが続き、今年の戻り高値7月31日の15759円を目指すことになります。何かのきっかけで下げる場合も9月の内閣改造への政策期待があり、ETFや年金資金の買い支えがあるため、下値は限定的といえます。
週明け25日(月)は、先週末にNYダウは反落したものの為替が1ドル=104円台の円安進行となっていることで△70の15609円で寄り付き、押し目は浅く終値は△74の15613円となりました。

日経平均8-25

(指標)NYダウ

 先週の予測では、ウクライナ情勢の地政学的リスクやジャクソンホールでのイエレン議長とドラギECB総裁の講演を控え神経質な展開を想定しました。
結果的には、ウクライナ情勢の緊迫が後退し、アメリカの住宅関連指数が相次いで予想を上回ったことで17000ドルを回復しました。18日(月)は△175の16838ドル、19日(火)は△80の16919ドルと続伸し、20日(水)はFOMC議事録の内容が労働市場の予想以上の回復を指摘したことでドルが一段高となって103円台後半となり株式も買われ、NYダウは△59の16979ドル、ナスダックは14年ぶりの高値水準となりました。21日(木)は、更に経済指標の予想を上回る改善が続いたことで1ヶ月ぶりに△60の17039ドルと17000ドルを回復し、S&Pは史上最高値を更新する動きとなりました。週末22日(金)は、注目のイエレン議長とドラギ総裁の講演にインパクトがなかったことで利益確定売り優勢となって、▼38の17001ドルで引けました。
今週は、9月1日(月)がレイバーデーで休場であり、投資家や市場関係者は夏季休暇中の者多く全般的に閑散取引となりますので、17000ドルを回復した後は地政学的リスクへの懸念は残っていますから高値圏でのもみあいとなりそうです。

NYダウ8-22

(指標)ドル/円

 先週の予測では、地政学的リスクを警戒しながらジャクソンホールでのイエレン議長とドラギECB総裁の講演が注目になるとし、為替の動きはこう着状態が続き101.5~1030.円のレンジを想定しました。
 結果的には、アメリカの経済指標の改善が相次いでドルが買われ、特に20日(水)はFOMC議事録の内容が労働市場の予想以上の回復を指摘したことで早期利上げの可能性からドルが103.85円まで買われました。更に21日(木)の経済指標も改善が相次ぎNYダウが1ヶ月ぶりに17000ドル台を回復したこともあり、週末22日(金)には、イエレン議長の講演は早期利上げに関して特に発言がなかったことでドルの買い戻しが強まり、104.19円まで円が売られました。柴田罫線では、20日(水)に103.3円で買転換となってボックスを上に抜け、22日(金)には104.19円までドルが買われ、4月3日の104.1円とダブル天井をつけた形となっています。
 今週は、経済指標の発表でアメリカの景気回復を示すような結果であれば早期利上げの観測が高まって金利の上昇となる可能性があり、ドル買い・円売りの流れとなります。但し、104円近辺では利益確定のドル売り・円買いが出やすく、引け値で1ドル=104.2円を上回ればもう一段の円安が期待できます。103~104.5円のレンジを想定。

ドル円8-22

1 2

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週も薄商いの中、ETFの買付や年金資金の買いが下支え