相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(6947)図研

 四季報2014年夏号によると、基板設計ソフトが電子部品向け軸に伸び受注残豊富。特に特注化不要の3次元CAD本格化し採算改善。米国・アジア開拓始まる。自動車・産機向け配線ソフトの好調続き、生産管理ソフトも新製品効果出る。7期ぶり売上200億円超え利益向上。

8月4日の決算発表では、5月7日の予想と変わらず好調持続。
2012年11月14日の481円からの上昇トレンド(A)の中にあります。この2012年11月14日の481円を安値にアベノミクス相場にサポートされて、2013年7月12日には1100円まで上昇しました。ここで当面の好業績を織り込んで調整入りとなり下降トレンド(B)を形成していましたが、12月25日の757円の安値をつけて、今年の1月20日の924円まで反発後は直角三角形の保ち合いの形となり、この煮詰まってきたところで、3月4日の765円、4月15日の764円とダブル底をつけ、反発に転じたところで5月7日の好決算を受けて再上昇となり、7月7日に1109円の高値更新となりました。ここから押し目を入れているところで日経平均の急落につれ安し、8月5日には888円まで下落しました。この水準は売られ過ぎといえます。

6947図研

(6369)トーヨーカネツ

 四季報2014年夏号によると、主力の機械・プラント事業は国内の改修案件、海外LNGタンク建設ともに好採算案件が一服。物流システム事業も大型案件が一巡するうえ、採算の高い案件が減る。営業益反落。特別配落とす。

8月8日決算発表。今期の業績見通しは減益見通しのままだが、5月13日の時点よりやや改善。シェールガス関連事業が進展する見通し。
安値圏での三角保ち合い(A)の中で、煮詰まってきたところで2012年10月10日の147円を安値に反発となり、11月7日の177円で買転換のあと中旬からのアベノミクス相場のスタートに支えられて急騰、2013年3月12日の426円まで約5ヶ月間で約3倍化しました。5月20日に404円と3月12日の426円に対する2番天井をつけて6月27日の227円まで下落し、今年の1月20日の331円まで戻した後は再下落となって5月12日の237円まで下げましたが、6月27日の227円を切らすに反発し、6月2日に258円で買転換となっています。

6369トーヨーカネツ

(3865)北越紀州製紙

 四季報2014年夏号によると、主力の印刷用紙に昨年4月と10月からの値上げが通期寄与。1ドル103円前提に輸出なお順調。白板紙に中国工場も上乗せ。前期あった設備トラブルの解消も奏功。原燃料高こなし3期ぶり営業増益。

8月12日の決算発表では、増収・増益の見通し。
2012年7月25日の339円、10月10日の344円と2点底をつけ、11月中旬からのアベノミクス相場にサポートされるものの、大きな上下動を繰り返し、下値を緩やかに切り上げる上昇トレンド(A)となっています。この中で、今年の2月17日に401円といったん上昇トレンド(A)を切る場面がありましたが、すぐに反発となって3月28日には527円まで上昇しました。その後、5月22日の507円を戻り天井にして短期の下降トレンド(C)を形成していましたが、8月6日の434円まで下げて反発となり、8月14日に463円で買転換となりました。アベノミクスのテーマからはずれているため人気が少ないですが、業績相場の流れになると買われてくることになります。

3865北越紀州製紙

1 2

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!