相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(4064)日本カーバイド工業

 四季報2014年夏号によると、ファインケミカルやステッカーなど機能製品の回復鈍い。が、建材関連堅調のうえ、電子・光学も反射シートやスマホ向けセラミック基板の販売好調。海外中心に製造拠点のコスト改善策が奏功。ナフサ高騰による価格転嫁も徐々に進み増益。
2013年7月8日の794円の高値からの急落後、8月13日の467円の戻り高値から下向きの先細三角形(A)を形成しました。この煮詰まったところで今年の2月4日の218円、3月3日の210円、5月12日の196円と順下げの3点底となって反発し、5月29日に252円で買転換となりました。その後は7月18日の255円を安値にもみあいとなっています。

4064日本カーバイド工業

(8002)丸紅

 四季報2014年夏号によると、前期買収した米穀物大手は天候不順影響消え本格貢献。航空機・自動車事業も好調。資源事業での石炭市況低迷こなす。前期のシェールガス権益の減損影響も一服し最高益続く。配当性向20%基準。
8月5日に決算発表。2014年4~6月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前年同期比8%増の690億円と過去最高を更新。15年3月期予想の純利益に対する4~6月期の進捗率は31%と順調なスタート。
 中長期のチャートは、2011年10月5日の373円からの上昇トレンド(A)を形成しています。この中で2013年5月22日に872円の高値をつけたあと、6月7日の648円まで押し目を入れて三角保ち合い(B)を形成していましたが、今年の1月21日の774円の戻り高値をつけたあと日経平均の急落につれ安し、三角保ち合い(B)を下に切って、2月5日に672円、4月9日に661円と2点底をつけて戻りに転じています。8月5日の決算で好決算となったものの、地合いの悪さから上昇できずにいますが、全体相場が落ち着けば3月11日の746円を終値で上回ると一段高の形といえます。

8002丸紅

(8332)横浜銀行

 四季報2014年夏号によると、県東部の小売店舗向けなど中心に貸出4%増だが利ザヤ低下続き資金利益減。投信販売や為替・決済手数料伸びても人件費や広告宣伝費、システム経費増え、株売却益も縮小。経常益横ばい。税負担減。
8月4日決算発表済み。前回(5月12日)と予想変わらず株主還元率50%メドの目標継続。
2010年4月15日の507円からの下降トレンド(A)の中で、2011年3月15日の339円を安値に緩やかな下値切り上げとなり、2012年11月9日の359円の安値からアベノミクス相場にサポートされて下降トレンド(A)を上放れし、2013年4月11日の629円まで大幅上昇となりました。ここをピークに6月13日の446円まで急落後は、大きな三角保ち合い(B)となっています。この中で、今年の2月5日の478円、4月11日の486円と2点底をつけて反発し、7月3日には609円をつけましたが、昨年4月11日の629円を突破できずいったん下落となって、8月5日に562.8円で売転換となりました。目先、銀行株の指標も売転換となっていますので、三角保ち合いの下限近辺を待ってみるところです。

8332横浜銀行

1 2

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!