NISAとETF

・投信残高、6月末83兆円5000億円と過去最高

公募投信の資産残高が6月末に約83兆6000億円と、昨年末の81兆5232億円から約2兆円増え、これまでで最高だったリーマン・ショック前の2007年10月の82兆1518億円を上回った。日経平均株価は今年に入り7%安だが、投資信託への資金流入が昨年7月からプラスで続いているためだ。

金融庁686の銀行や証券会社など全金融機関調査では、NISAを通じた個人投資家による株式などの購入額が3月末時点で1兆0034億円に達した。日本証券業協会による証券会社経由のNISA投資額は6080億円だった。総口座数は650万3951で1月の制度開始時から37%増えた。

商品別では、投資信託が6212億円、個別上場株式投資は3645億円。ETFは91億円、REITは86億円だった。NISAを通じた投資が1~3月期と同ペースで続いた場合、2014年年間では4兆円が投信や株式市場に流れ込む。

NISAの非課税枠は年100万円以内1回切り。4兆円となると最少で400万人が投資することになる。NISAを個人が自分自身で将来のために積み立てる株式投資枠だと考えると、非課税枠はもっと大きくていい。

投信で最も買われているのは、信用力が低く金利が高い米国企業の社債などに投資するジャンク債ファンド、米国REITファンドなど、利回りこそ比較的高めだが、為替、信用、価格変動リスクが最も高いとされるハイリスクものだ。日本の個人投資家は今年に入っても日本株を売り続けているが、決してハイリスクが嫌いとは言えないかと思う。

・投資信託とETF

それにしても、NISAにおけるETFは、投信の1.5%でしかない。もっとも、商品の品揃えが違うので、単純には比較できないが、それにしてもETFの認知度は低い。米国の株式投資信託であるミューチュアルファンドは主に個人投資家の投資対象とされる。一方、株式ETFは主に機関投資家の投資対象とされ、規模は相応に大きなものだ。

投資信託協会のホームページでは、投資信託を以下のように説明している。

(引用ここから)
「投資信託(ファンド)」とは、一言でいえば「投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する商品で、その運用成果が投資家それぞれの投資額に応じて分配される仕組みの金融商品」です。「集めた資金をどのような対象に投資するか」は、投資信託ごとの運用方針に基づき専門家が行います。

投資信託の運用成績は市場環境などによって変動します。投資信託の購入後に、投資信託の運用がうまくいって利益が得られることもあれば、運用がうまくいかず投資した額を下回って、損をすることもあります。このように、投資信託の運用によって生じた損益は、それぞれの投資額に応じてすべて投資家に帰属します。

つまり、投資信託は元本が保証されている金融商品ではありません。この点は銀行の預金などとは違うところですので注意が必要です。
(引用ここまで)
参照:投資信託ってなんだろう?
http://www.toushin.or.jp/investmenttrust/about/what/

一方、ETFは以下の通りだ。

(引用ここから)
ETFとは、証券取引所に上場し、株価指数などに代表される指標への連動を目指す投資信託で、「Exchange Traded Funds」の頭文字をとりETFと呼ばれています。

たとえば、ETFの代表的な商品として、「東証株価指数(TOPIX)」に連動するETFがあります。TOPIXとは、東京証券取引所によって発表される、東証第1部の全銘柄の動きを反映した株価指数のこと。このTOPIXに連動するETFは、TOPIXの値動きとほぼ同じ値動きをするように運用されます。つまりこのETFを保有することで、TOPIX全体に投資を行っているのとほぼ同じ効果が得られます。

なお一部、投資信託の仕組みを用いていない商品や、日本の法律ではなく外国の法律に基づいて組成された外国籍ETFも、日本の市場に上場していますが、それらも総称してETFと呼ばれることがあります。
(引用ここまで)
参照:ETFの仕組み
http://www.toushin.or.jp/investmenttrust/etf/scheme/

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> その他> NISAとETF