新成長戦略の内容次第で上値を試す展開へ・・・当面は売り方の踏み上げ期待で一段高も?・・・

(指標)日経平均

 先週は、基本的に15000円±200円(14800~15200円)の中で、日柄調整を想定しました。上値は9日(月)の15206円、下値は6月SQ値14807円としました。15206円を抜けると、3月7日の15312円を試す形としましたが、現状の市場ボリュームでは難しいと考えていました。
 週前半は利益確定売り優勢となって、16日(月)は14867円まで下げましたが、18日(水)は102円台の円安を好感して△139の15115円と15100円台を回復し、19日(木)は前日のアメリカでのFOMCの結果を受けてアメリカ株式が高かったことで主力大型株が買われ、△245の15361円と一気に9日(月)の15206円と3月7日の15312円を突破して引けました。
 今週は、チャートからは6月19日に15361円でろく買が出て、3月7日の15312円を上回ってきましたので、引き続き上値を試す展開が想定されます。但し、前週までの5週間で日経平均は1200円を超える上昇となり、騰落レシオが150%と昨年5月以来の「買われ過ぎ」となっていますので、スピード調整も考えられるところです。15000~15500円の中の動きを想定。
 週明け23日(月)は、シカゴ日経先物の15430円にサヤ寄せする△77の15426円で寄り付き15442円まで上昇するものの、先週末大きく上昇した大型株が利益確定売りとなったため上げ幅を縮小し、△19の15369円で引けました。

日経平均6-23

(指標)NYダウ

 先週は、高値圏での神経質な展開が予想される中で、FOMCでの早期利上げ観測への思惑が注目されるとしました。
結果的に、18日(水)のFOMCでは予想通り100億ドルの量的緩和の縮小が決定され、早期利上げは示唆されず、緩和的な金融政策は長期化するとの見方からNYダウは△98の16906ドルと4日続伸し、その後はイエレン議長が会見で、株価水準は過去の標準からも妥当と発言したことで、週末20日(金)は一時16978ドルまであって、△25の16947ドルと再び史上最高値を更新しました。
今週は、高値圏でイラク・ウクライナの地政学的リスクとアメリカ経済の回復期待との綱引きで神経質な動きとなりそうです。NYダウの動きは先週末に再び史上最高値更新となってきましたが、上値が重い動きとなっています。17100ドルを上回ってくると、もう一段上が期待できますが、6月12日の16703ドルを終値で下回るといったん調整も考えられます。

NYダウ6-20

(指標)ドル/円

 先週は、地政学的リスクやアメリカのFOMCを控え長期金利の動きに合わせてドル・円相場の動きが注目されるが、101~103円のボックスの動きとしました。
 結果的に、週前半はイラク情勢の緊迫化からリスク回避の円買いで101.72円をつけますが、11日(水)はFOMCでの早期利上げ観測から長期金利が上昇し、ドル買いで102.36円まで円安が進行しました。しかし、FOMCでは利上げは示唆されず低金利の長期化の見方からドルが売られ、地政学的リスクもあって週末20日(金)は101.74円で引けました。
 今週は、材料が多いが101~103円のボックス内の動きが続きそうです。地政学的リスクによる円高がある一方で、24日閣議決定予定の新成長戦略が期待に沿う内容であれば円安、アメリカのGDPやインフレ率の発表の結果によってドル買いもしくはドル売りとなりますが、大きく相場に与える影響は少なそうです。

ドル円6-20

1 2

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 新成長戦略の内容次第で上値を試す展開へ・・・当面は売り方の踏み上げ期待で一段高も?・・・