小次郎講師のRSI(相対力指数)解説その4、「買われすぎ、売られすぎに騙されるな!」

2,RSIが買われすぎとなるとき

□だから当然、70以上(=買い方が圧倒的優勢)ということは上昇トレンドが勢いづいていることを示すのだけど、唯一最終局面においては、買い方が圧倒的優勢のうちに上昇トレンドが終わることがある。下げトレンドにおいても同じ、売り方が圧倒的優勢のうちに下降トレンドが終わることがある。

■え?そうなんですか?

□RSIで、70以上が売りサイン、30以下が買いサインとなるのはその局面なら正解。下のチャートを見てご覧。RSIが70以上の場面と30以下の場面に〇をつけているが、ほとんどがそれを「買われすぎ・売られすぎ」と見ると、はずれている。但し、上昇トレンドの最後に出た70以上は見事に当たっている。よく見ると踏み上げ(売り方の総手じまいによる上げ)であることがわかる。

★図

■なるほど。上げ相場は「踏み」が出てくればおしまい、下げ相場は「投げ」が出たらおしまいなんですね。


・「踏み」・・・売り方がマイナスになって全てを決済すること。
・「投げ」・・・買い方がマイナスになって全てを決済すること。

□そういうこと。
ということで結論。RSIが70以上が売り、30以下が買いというのが有効なのはトレンドの最終局面のみ。

【RSIの真実】
RSIで「70以上が売り、30以下が買い」というのが有効なのはトレンドの最終局面のみ

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 外為・海外市場・先物> 小次郎講師のRSI(相対力指数)解説その4、「買われすぎ、売られすぎに騙されるな!」