小次郎講師のRSI(相対力指数)解説その3,「RSIとストキャスの違いを知ろう!」

4、再びRSIの真実探求!

□ではRSIの話しに戻る。整理するぞ。
RSIが50%以上を付けるのは買い方が優勢であることを示す。そしてその数値は大きければ大きいほどさらに優勢ということがわかる。ただし、100を付けることはほとんどなく、80以上もめったにない。70以上だって珍しいと言える。

■ですね。

□ではどんなときに、70%を超えるのかと言うと、急上昇しているとき。それはどんな時かと言うと・・・

■どんな時ですかね。

もみあい状態から、上放れたときのように、新たに上昇トレンドがスタートしたとき。

■なるほど、何かエネルギーが働かなければ上昇トレンドというのはできないですものね。上昇トレンドの発生時には買いが圧倒的に強くなるでしょうね。

□それともうひとつは・・・・上昇トレンドの最後にも起こる。

■最後にも起こるんですね。

□価格変動は買い方の買いによって上がるだけではなく、売り方の撤退、これを「踏み」というのだが、それによって急上昇する。

■下げも同様ですね。最後に買い方が「投げ」てそれで急落する。

□つまり・・・RSIは70%以上だから売り、30%以下だから買いってことではなくて、どこで出現したかによって決まる。

■なるほど。ただ数値を見るだけでなく、どこで出現したかを見なきゃいけないんですね。

□そういうこと。本日はここまで、その話はまた次回。

■ありがとうございました。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 外為・海外市場・先物> 小次郎講師のRSI(相対力指数)解説その3,「RSIとストキャスの違いを知ろう!」