小次郎講師のRSI(相対力指数)解説その3,「RSIとストキャスの違いを知ろう!」

3、RSIとストキャスが100をつけるとき

□ストキャスで%Kが100%を付けるとしたら、それはどんな時だ。

■上記の例で言うと、現在の値段が過去14日間の中で一番高いということですね。

□そのとおり。そしてそれはありうることか、めったにないことか?

■上昇トレンドでは十分ありうることですね。

□だよな。特に90%以上だとか言ったら上昇トレンドの中でいくらでも起こりうる。
では、いよいよRSI。RSIで100を付けるとしたらどういう状況だ。RSIの日数は標準の14日としてみよう。

■えーと、RSIの公式は

RSI=14日間の上昇幅÷(14日間の上昇幅+14日間の下降幅)

ということは・・・・そうか14日間、毎日上げ続けたときだ。

□正解!ところで、14日間、1日も下げずに上昇するなんて相場がよくあるかい?

■ないです。もちろん、過去に1回もなかったとは言いませんが、相当ありえない話です。

□だよな。90%以上としても、そんなにはない。ここら辺、ストキャスとRSIの計算式をわかってなければ勘違いしてしまうのだけど、ストキャスとRSIはグラフだけ見ていると、似ているように感じるが全くの別物。特にストキャスは100でも100近辺でも付けることがあるのに対し、RSIはそんな数値を付けることはほとんどない。

■ですね。

□計算式を知ってテクニカル指標を見るのと、計算式を知らないまま見るのでは雲泥の差があるってわかるだろ?

■わかります。くもどろの差があります。

□「うんでい」ね。

□ということで、繰り返すが、・・・RSIは基本的に大きな数字をつけない。小さな数字もつけない。ストキャスはいくらでもつける。ここをしっかりと理解しておこう。

■ほんとだ。

□RSIの場合、一番安定している上昇相場で2日上がって1日下がるというような上昇だよね。とすると、RSIは安定上昇で66%くらいとなる。わかるね?

■まあ、例で言うと、今日100円上がり、明日も100円上がり、明後日利益確定で100円下がったというような相場ですね。これを繰り返していくと、RSIは確かに66%となりますね。

□そうだ。ということは80%・90%というのはとんでもない急上昇相場。

■なるほど。

RSIではありえない数値がストキャスではよくある数値となる。この二つの指標が似た指標として使われているのが、現在の日本のチャート分析のレベル。

■気を付けねば。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 外為・海外市場・先物> 小次郎講師のRSI(相対力指数)解説その3,「RSIとストキャスの違いを知ろう!」