ゴールデンウィーク入りで薄商いの中、先物主導での荒い動きが想定される

(指標)日経平均

 先週の予測では、チャートをみると、今年の2月5日の13995円の安値からの緩やかな短期の上昇トレンド(A)をいったん下に切って4月11日に13885円まで下落し、そこからの戻りで4月21日にザラ場では14649円まで戻るものの、終値では上昇トレンド(A)の下値斜線が上値抵抗ラインとなっているとしました。そのため、企業決算をにらんで一進一退の展開が想定され、一段高となるには日銀の追加緩和の思惑やオバマ大統領来日でのTPP合意が期待されるところとしました。
結果的には、アメリカ株式や国内の企業決算を受けて薄商いの中を先物主導で15000円を挟んだ値動きの荒い展開となりました。週を通してみると、14400~14600円のレンジの動きとなっています。注目のオバマ大統領来日でのTPP交渉は大筋合意とならず24日(木)は先物主導で売り仕掛けも入り▼141の14464円となりました。週末25日(金)は△24の14429円と小反発しましたが、14500円を回復できませんでした。
 今週は、先週末からウクライナ情勢が再び悪化しており、又国内外での重要イベントが目白押しで、その上ゴールデンウィークに入るため資金流入も期待できず様子見が続くことになりそうです。
 週明けの28日(月)は、アメリカ株安やウクライナ情勢を受けて▼139の14289円で寄り付き、一時200円を超える下げで14224円まで下げる場面もありましたが、その後は安値圏での膠着状態となり▼141の14288円で引けました。

日経平均4-28

(指標)NYダウ

 先週の予測では、決算発表がピークを迎え結果によっては一進一退の動きとなり、チャートの形としては4月4日の16631ドルの最高値を抜けなければ三尊天井の形になりやすいとしました。
結果的に、週初めは欧州市場が休場で閑散相場の中を企業決算や経済指標の好調を受けて買い先行となり、22日(火)は16565ドルまで上昇し、終値ベースの史上最高値12月31日の16576ドルにあと10ドル近くまで上昇しました。週半ばは経済指標が予想を下回り、決算もまちまちの結果となってことで上値重く、週末25日(金)になるとウクライナ情勢の緊迫もあり、高値警戒感もあって▼140の16361ドルと大幅下落となりました。
今週は、29日(火)にFOMC、30日(水)に1~3月期GDP、5月2日に4月雇用統計と重要指標が相い次ぎ、又強弱感入り混じる決算発表も続くことで方向感を探る展開となりそうです。チャートからは、上値は4月4日の16631ドルを終値で抜けると一段高が期待できますが、逆に引線の終値で16168ドルを切ってくると三尊天井が確定し、調整が長引くことになります。

NYダウ4-25

(指標)ドル/円

 先週の予測では、今週29日(火)のFOMCや30日(水)の日銀金融政策決定会合を控え、三角保ち合いの中で円売り基調になりそうだとし、101.5~103円のレンジを想定しました。
週半ばまでは為替を動かす特別の材料がなく102~102.5円の狭いレンジで動いていましたが、週末25日(金)はウクライナ情勢の緊迫化、欧州市場とNY市場の株式の大幅下落でリスク回避の円買いが高まり、一時101.96円まで円が買われ、引けは102.15円でした。
今週は、ウクライナ情勢の緊迫化でリスク回避の円買いがある一方で日銀の金融政策決定会合での追加緩和策への期待や4月の米雇用統計の内容によっては円売り・ドル買いにつながることになり、結局方向感のない動きとなって101.5~103円のレンジの動きが続きそうです。

ドル円4-25

1 2

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> ゴールデンウィーク入りで薄商いの中、先物主導での荒い動きが想定される