相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(6444)サンデン

 四季報2014年春号によると、自動車用コンプレッサー拡大、海外への生産移管トラブル改善で営業益黒字化。15年3月期は欧州メーカーの新商権獲得もあり自動車用は伸長。コンビニの積極投資受け店舗用冷機も増加。営業益続伸。
安値圏でのボックス相場(A)の中で2012年8月7日の199円を安値に反発となり、11月6日に258円で買転換が出現、その後アベノミクス相場にサポートされてボックス相場(A)を上放れし、2013年5月10日の475円まで上昇しました。ここから日経平均の急落につれ安して6月7日の310円まで下げて三角保ち合い(B)となりました。この煮詰まったところで8月13日に387円で買転換が出現、9月12日の455円まで上昇して押し目を入れ、11月7日の368円を安値に再上昇となって今年1月20日には533円の昨年来高値をつけました。ここから2月5日の432円まで反落するも再騰となって、2月24日には568円と再び昨年来高値を更新しました。そこから日経平均の急落につれ安して4月11日に437円まで下げているところです。

6444サンデン

(6588)東芝テック

 四季報2014年春号によると、IBM事業買収が通期上乗せ。国内POS着実、海外複合機復調。円安効果の一方、仕入れ値上昇あり会社想定に着地。15年3月期は国内POS堅調続く。海外POSは販路拡大と構造改革効果で貢献大。買収費用消え利益伸長。構造改革特損ない。
中長期トレンドをみると、大底圏で2011年9月22日の263円、12月19日の262円、2012年6月4日の257円と3点底をつけて8月2日に302円で買転換となり、11月中旬からのアベノミクス相場にサポートされて急伸、2013年4月26日には664円まで上昇し、いったん上昇トレンド(A)を上に抜けました。ここから6月7日の456円まで押し目を入れて再上昇となって、今年1月21日には764円という昨年来高値をつけました。その後今年に入って日経平均が急落したことにつれ安し、上昇トレンド(A)を下に切って3月31日には576円まで下落し、もみあって4月9日に574円とダブル底の形を作って4月10日に614円で買転換となっています。

6588東芝テック

1 2

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!