私にでもできること

・寄せられたコメントから、1つだけ。

「川島先生、矢口先生、

すばらしいレクチャーをありがとうございます。
王子さまはもちろん、高橋先生の笑顔も素敵。矢口先生の穏やかなお人柄と知性も素敵。
佐野さんもとっても可愛い。安心感が伝わりました。

私は、事故後遺症の闘病中で、一日の殆どを床で過ごしています。
おまけに、働けない体で、追突事故の被害なのにまだ保険が不払いで、
高額医療費を自己負担で5年以上。
経済的にも、身体的にも、とても重症患者です。
でも、意識だけは、衰えさせたくありません。

そこで、株式投資で脳の活性化も狙うという一石二鳥を志しています。
私は、日本の医学の発展を心から祈っています。

昨年5月にバイオに投資しましたが、現在半値以下になってしまいました。
期待と愛着で売れなくて、ずるずると下がってしまいました。
先生方のお話を伺い、
資産を増やし、治療費を捻出しながら株式に投資することの大きな意味を再確認致しました。
殆ど寝たきりでもできることを頑張りたいと思います。
今後とも、どうぞよろしくお願い致します。」

コメント、ありがとうございます。自分だけの判断で、勝手に引用してしまったが、私がもっともお役に立ちたいと願っているのはこういった方々だ。

山中伸弥氏など、医学関連に携わる方々への期待は大きいが、資金運用もそれに負けない位重要だ。お金がなければ、望む医療も受けられない。

私の友人にも、高校時代のバイク事故で人生が変わった奴がいる。親の介護で身動きがとれなくなる友人が増えつつある。我々は今年、還暦を迎えるが、資金運用のノウハウがこれまでよりも必要とされるようになる。インフレ政策下では、尚更だ。もっとも、友人たちには直接呼びかけてはいない。友人知人を含め、私共を必要としてくれる方々が、それぞれの思いで、ご利用頂きたい。

株式市場は自己の能力やアイデアを損益という形に変えられる、スポーツや事業などと比べ、はるかにハードルが低い場所だ。取ったリスクに応じたリターンが得られるのだ。そのリスクは数千円から始めることができる。その損益の、損を減らし、益を膨らますという部分で、私にお役に立てることがあるだろう。

また実際に、株式投資は脳の活性化に役立つかと思う。私は副産物として、世界の多くの有用、不要な知識をいっぱい持っている。嫌になるくらい。

・ロスカットと、少額の分散投資について

ロスカットは損失が拡大するのを防ぐために行うものだ。大きな損失を「確定」させるために行うのではない。

ロスカットの考え方を、少し、極論で述べてみよう。100万円の株を、10%でロスカットすれば、10万円の損失だ。もし、10万円の損失を受け入れる用意があるとすれば、10万円の株を、ロスカット設定なしで持ってみればどうだろう?

もちろん、そんなことをすれば10%値上がりしても、利益は10万円ではなく、1万円でしかない。リスクとリターンとは同じものだからだ。

そこで、90万円余るとすれば、10万円ずつ10銘柄買うのだ。10銘柄全部が10%ずつ下げれば、やはり10万円の損失だが、同時に全部のロスカットは行わない。

毎日、上げそうな銘柄を探し、見つかれば1つずつ入れ替えるのだ。

仮に、10銘柄全部損切りすることになっても、新しい10銘柄で取り返せる確率は決して低くないのだ。

ポイントは、毎日でも上げそうな銘柄を探し続けること。個別の銘柄に執着しないことだ。

これは、1銘柄に全額投資することに比べ、分散投資というリスク分散につながるだけではない。トレードの経験値が10倍になるのだ。また、銘柄を常に比較する癖がつき、個別の銘柄に執着することが少なくなる。なにしろ、毎日比較した銘柄のいくつかは、これまでの損失を取り返せるほど、値上がりしている可能性があるのだから。

私自身は1銘柄に8~10%の資金を使っている。自信があるので、約10銘柄にほぼ全額投資している。インフレ政策下なので、すべてロングだ。ご参考まで。

1 2

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> その他> 私にでもできること