「会社を根本から変えるパワー」

 家電量販のエディオンやシャープに一部出資しているが、その狙いは何か。家電量販店は、リフォームに力を入れている。その意味ではどの量販店ともいい関係を作って、当社の製品をおいてもらうようにしている。エディオンはその連携の1つであり、他の量販店とも付き合っていく。シャープとの連携は、やはりリフォームにおける家電の新しい動きに注目しており、その分野で協業できると考えている、シャープとは3年前から連携してきたので、今の高橋社長とは前向きに話ができるという。

 リクシルは主要5社をはじめ、多くの企業が合併してできた。グループの人事はどうなっているのか。よその会社にみられるように、統合がうまくいかないのではないか。2年半前に藤森社長が外部から入った。内部から昇進したのではないので、グループ会社のどこから来たという出身母体に意味はない。人事の仕組みは全社1本にした。

・ここに米国流の経営を持ち込んだ。トステムにはもともとそういう社風はあったが、INAXは伝統的な日本の会社の雰囲気が強かった。そこで、グループすべてを利益中心主義にして、執行役員の責任を明確にした。株主目線を入れて、報酬のストックオプションも導入した。よって、グループのどの会社出身、何年時入社というようなことは意味をもたなくなった。

 藤森社長は外部から入ったが、彼は2つのポジションに自分と同じ考えの人材を入れた。ファイナンスとヒューマンリソース(人事)である。その上で、社内の改革を断行しつつ、成長路線へ大きく舵を切った。社内では従業員サーベイをやっており、社員の意識、意見はよく聴くようにしている。優秀な人材を内外から登用する。どこからきたかは問わない。年長者になればなるほど社内の変革に不満があるかもしれないが、やるか、やらないかである。実績で評価すればよいと考えている。

 今の経営陣をみると、日本人中心だが、これでグローバル経営はできるのか。13人の執行役(うち女性1人)はすべて日本人であるが、これを見直して、2014年4月から新体制にする。機能別担当(10人)と地域担当(6人)に社長を入れて、17人の執行役に増やす。このうち半分は外国人になる。外国人が外国の会社をコントロールするようになる。

 役員会は日本語、英語の同時通訳でやっている。役員にとって大事なことは、自分の意見をきちんと発表することで、それを英語でやれと強要はしない。しかし、会議の時以外は通訳がつかないので、普段会話する時に英語ができないと、コミュニケーションには困る。結果として、日常会話は英語でやるようになっている。30~40代の人材にも、マネジメント層に上がるということは、そういうことだとロールモデルを示している。

 ROEを8%以上にするとコミットしているが、実際のところ、社内ではどのくらい意識されているのか。投資家には、EPSとROEでコミットメントを出している、株価も配当もEPSをベースに決まるわけだから、EPSを重視する。ROEはバランスシートとの関係で決まるので、ROEも重視する。為替変動をカバーする仕組みも作っていく。社内では営業利益を大事にして、給料もここで決まるようにしている。

 藤森社長はGEで25年働いた後、リクシルのトップに就任した。2020年まではリクシルブランドの下で、従来のトステム、INAXといったブランドも使っていく。まだ、既存の方が馴染みやすいからで、いずれはリクシルに統合していく。2014年3月期の売上高1.6兆円、営業利益700億円(同4.4%)を2016年3月期には1.75兆円、1400億円(8%)にもっていく計画である。ROEも近々8%にのせてくるので、次は10%台を狙っていく。

 ユニークなのは配当政策である。3年後には国際会計基準(IFRS)に変更する。そうすると、のれんの償却が必要なくなる。元々、のれんの償却は外部流出するものではないので、のれん償却前利益を計算して、それをベースに配当性向30%以上を目指すと決めた。2014年3月期の配当は従来の40円が55円となるが、今後も増配が期待できよう。

 藤森社長の経営は尋常ではない。会社を変えていくとはこういうことか、ということをスピーディにパワフルに実践している。しかも、分かりやすく、納得できる。今後の展開に大いに注目したい。

日本ベル投資研究所の過去レポートはこちらから

1 2

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> その他> 「会社を根本から変えるパワー」