相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(7762)シチズンホールディングス

 四季報2014年春号によると、腕時計は国内で高価格帯が増勢。円安追い風。下期に人員削減効果もあり営業益回復。最終黒字化。増配。15年3月期も腕時計は消費増税の影響限定的、国内数量増。北米順風。工作機械は国内上向く。広告費増は人員削減効果で補う。利益続伸。
2月12日の決算発表で通期上方修正。
2012年10月10日の346円を安値にもみあいとなり、11月中旬のアベノミクス相場のスタートで12月14日に432円で買転換となって2013年5月14日の705円まで上昇しました。ここから6月13日の510円まで押し目を入れたあと8月9日の541円を2点底にして業績情報修正期待から角度の大きい上昇トレンド(B)へ移行し、今年の1月6日に911円の高値をつけました。ここをピークに2月4日の749円まで押し目を入れて再上昇となるものの、2月13日の877円、3月7日の887円とダブル天井のような形となって3月14日に810円で短期の売転換となっています。2月17日の決算発表では通期の情報修正が再び行われており、大きく下げたところはリバウンド狙いとなります。

7762シチズンホールディングス

(7011)三菱重工業

 四季報2014年新春号によると、大黒柱のガスタービン順調。大型コンプレッサー、自動車ターボ等の機械・設備も利益拡大。15年3月期は日立との事業統合で火力発電インフラが規模拡大。化学プラント工事増。旅客機分担品もB787主翼の操業度上昇。事業統合特益消える。
大底圏でのボックス相場(A)の中で、2012年11月13日の315円を安値にアベノミクス相場がスタートし、11月22日に364円で買転換となって急伸、2013年5月23日には765円まで上昇しました。ここをピークに6月21日の513円まで下落し反発後、10月7日の538円で2点底となって再上昇となり、今年の1月16日の730円の戻り高値のあと日経平均の大幅下落につれ安して下値模索となっています。チャートの形をみると、大きな三角保ち合い(C)の下限を試す動きとなっているようにもみえます。2月6日の決算発表では、通期を上方修正しており、この下げは信用買い残が膨らんでいるため、薄商いの中で投げが出ている状況だといえます。

7011三菱重工業

(5463)丸一鋼管

 四季報2014年春号によると、鋼管数量伸び悩み。値上げも浸透に時間。在庫評価益の計上で前号より営業益やや上振れ。15年3月期は海外子会社の稼働相次ぐ。国内鋼管は値上げフル寄与、数量停滞や償却費増をこなす。営業微増益。
2012年8月7日の1406円で底打ちとなって反発し、10月24日の1583円の安値から11月7日に1693円で買転換が出現、11月中旬のアベノミクス相場のスタートで急伸となって2013年5月23日の2783円まで上昇しました。ここを目先のピークにして6月14日の2242円まで押し目を入れ、2200円台~2500円台のボックス相場の中で9月3日の2245円をダブル底として再上昇となり、今年の2月25日の2889円まで上昇しました。ここをピークに3月3日に2791円で売転換となって下落し、2012年10月24日の1583円の安値からの上昇トレンド(A)を切る水準まで下げています。

5463丸一鋼管

1 2

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!