相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(7012)川崎重工業

 四季報2014年新春号によると、円安と操業度上昇で、胴体などの旅客機分担品、大型2輪が利益急増。車両も円安で採算改善。営業外で円高時予約の為替差損膨らむが吸収。15年3月期も旅客機向け、2輪好調続く。建機用油圧底打つ。
1月30日の四半期決算で通期営業利益を上方修正、来期も増収増益見通し。今後円安が進めば再度の上方修正の可能性高い。
2011年4月1日の377円の高値からの下降トレンド(A)の中で、2012年10月11日の151円で底打ちとなり、11月中旬からのアベノミクス相場のスタートによって11月22日に195円で買転換が出現、2013年5月22日に401円まで上昇しました。いったん6月27日の283円まで押し目を入れたあと業績の上方修正期待から高値を更新し、今年の1月17日には491円と昨年来高値更新となりました。ここをピークに日経平均の下落と円安一服から1月31日に450円で売転換出現となって押し目を形成中となっています。今のところ2月5日の409円の安値となって2012年10月11日の151円の安値からの上昇トレンド(B)にサポートされていますが、この409円の安値を切ると380円水準が下値ポイントとなります。目先は、日本市場は波乱含みですので、一段安を待ってみるところです。

7012川崎重工業

(6355)住友精密工業

 四季報2014年新春号によると、航空関連が民間、自衛隊向けとも好伸。熱交換器はLNG輸入基地用の気化装置を軸に下期納入が進む。カナダ工場立ち上げ負担こなし営業増益の幅拡大。15年3月期は熱交換器の新工場稼働が寄与。
 2011年11月7日の555円からの下降トレンドの中で2012年9月6日の302円、10月15日の302円とダブル底をつけて反発し、11月22日に買転換が出現、アベノミクス相場にサポートされて2013年5月22日の554円まで上昇しました。ここをピークに下落となり、6月26日には363円まで下げ、ここから反発となって7月24日の454円まで戻したあと三角保ち合い(C)となって上放れし、今年の1月17日には506円の戻り高値をつけました。ここから日経平均の急落につれ安し、2月4日(火)は7月2日の安値390円を下回って380円となりました。すでに決算発表済みで予想通りの結果でした。

6355住友精密工業

1 2

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!