相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(6217)津田駒工業

 四季報2014年新春号によると、14年11月期は主力の繊維機械事業が受注堅調のうえ円安が追い風。工作機械関連事業は米国市場が堅調なうえ、中国市場は自動車関連の設備投資には回復の兆し。営業赤字は脱却の公算。復配は微妙。
1月20日の決算発表では、黒字転換。
2011年3月2日の289円を高値に下降トレンド(A)を形成し、この中で2012年10月15日の92円で底打ちとなりました。ここから11月中旬からのアベノミクス相場にサポートされて12月13日に132円で買転換となって上昇トレンド(B)を形成しました。この中で2013年5月15日の246円まで上昇後、業績が下方修正となって8月12日の150円まで下落し、その後は9月25日の192円を高値に150~190円のボックス圏の動きとなっていましたが、1月20日の決算で上方修正となり、1月21日に225円まで急伸しました。その後は日経平均の大幅下落につれ安して2月4日には152円まで下げました。

6217津田駒工業

(8038)東都水産

 四季報2014年新春号によると、柱の水産物卸は取扱高頭打ちだが単価上昇が支え。冷凍倉庫も堅調。貸倒引当金戻し入れ削減、加えてカナダ子会社の好調で営業益は上期集中。原発事故に伴う損害賠償金の特益。3円配復元。15年3月期もサケ中心に水産物の需要拡大続く。
2月7日の決算発表で上方修正。
2009年9月4日の202円を基点とする中長期の三角保ち合い(A)の中の煮詰まったところで2013年7月29日の138円を安値に9月9日に165円で買転換となって上放れし、急騰となって9月17日の294円まで上昇しました。過熱化したことで9月18日に日々公表銘柄となり、大きな調整となりました。その後2月4日に183円まで下落したところで2月7日の決算発表があり、上方修正が確認されて反発、2月10日に218円で買転換となっています。

8038東都水産

(6645)オムロン

 四季報2014年新春号によると、FA機器は客先の投資回復が鈍く数量小幅伸長。が、顧客増産の車載や、新興国拡大のヘルスケアが大幅増。太陽光発電用パワコンも想定超の伸び。円安プラス影響も大きく営業益上振れ。増配幅拡大。15年3月期はFAが通期復調。車載続伸。
1月30日の決算発表では、予想通りの決算内容。
2012年7月25日の1436円、10月1日の1471円と2点底を形成し、11月中旬のアベノミクス相場にサポートされて2013年5月15日の2485円まで上昇、ここを目先のピークに6月7日の2763円まで押し目を入れて小さなボックス相場(B)となりました。この中で7月29日の2840円を安値に再上昇となり、5月15日の3485円を更新して大きく上昇し、今年の1月7日に4730円の昨年来高値となりました。ここをピークに短期の下降トレンド(C)となっていましたが、2月4日の3750円まで下げて反発となり、2月10日に4000円で買転換となっています。

6645オムロン

1 2

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!