目先は戻り試す展開もここからは上値重い

(指標)日経平均

 先週の予測では、引き続き先物主導での不安定な展開になる可能性があるとし、下値は14800円を切ると14500円台を想定するが、先物を利用したヘッジファンドの売り仕掛け・買い戻しにより行き過ぎの下げも考えられるとしました。
 週明け3日(月)は、前週と同様先物売りで大幅下落の▼295の14619円となり、更に4日(火)は前日の欧米株式の大幅下落と為替の1ドル=100円台への円高を受けて先物売りが続き▼610の14008円となりました。14500円以下は売られ過ぎとなったことで、5日(水)は一時13995円をつけて反発に転じ△171の14180円、6日(木)は▼25の14155円と小幅反落したあと、週末7日(金)はアメリカ株高と円安基調を受けて△307の14462円の大幅高で引けました。
 今週は、自律反発後上値の重たい展開となって好決算銘柄や下げ過ぎのリバウンド銘柄の物色ということになりそうです。先週末の反発は、14000円水準は下げ過ぎのゾーンであり、この水準で新興国の通過が買い戻されて反発したこともきっかけとなり、ヘッジファンドの先物への買いが入って反発しました。ふつうは、急反発の後は再度下値を確認する動きが出て、ダブル底もしくは2番底を確認して本格的な戻りとなります。目先は15000円水準は上値抵抗ゾーンとなります。
 週明け10日(月)は、シカゴ日経先物の14670円にサヤ寄せする形で△185の14647円で始まり、前場は高値水準での小動きでしたが、後場になると日経平均への影響度の大きい値ガサ株が買われて一段高となり△255の14718円で引けました。出来高・売買代金は盛り上がらず、先物への仕掛け的な買いが入って指数だけが押し上げられた感じです。

日経平均2-10

(指標)NYダウ

 先週の予測では、引き続き新興国問題やアメリカの経済指標の結果によっていったん買いが入るか、さらに下値を探るかとし、26週線(15679ドル)を切ると15400ドル水準が下値抵抗ラインになるとしました。
結果的に、週明け3日(月)は新興国問題に加えアメリカの経済指標や企業決算が予想を下回ったことで世界的景気減速感が強まり、▼326の15372ドルと15400ドルを下に切りました。その後は企業決算が予想を上回ったことや新興国の通貨安も一服したことで15400ドルを挟んだもみあいとなり、6日(木)になるとアメリカの経済指標で雇用の改善期待が生じ、ECB理事会で利上げが見送られてユーロが堅調となったことで△188の15628ドルと反発。週末7日(金)は雇用統計は予想を大きく下回ったものの、1月下旬からの調整が一巡したものとして△165の15794ドルの大幅続伸となりました。チャートをみると2012年11月16日の12471ドルからの上昇トレンド(B)にサポートされ、2月5日の15340ドルを安値に反発した形となっています。新興国の通貨安懸念が目先一服していることで戻りを試す展開が想定されるものの、イエメン議長が11日、13日の議会証言で金融政策の先行きにどう考えを示すかによって上値は限定的となる可能性があります。

NYダウ2-7

(指標)ドル/円

 先週の予測では、新興国問題で不透明感があり、アメリカの経済指標の発表で市場が安定性を取り戻せるかの重要な週としました。レンジは101.5~103.5円を想定しました。
週明け3日(月)は新興国の通貨安に加えアメリカの経済指標や企業決算が予想を下回ったことで世界的景気減速感からのドル売り、リスク回避の円買いとなって1ドル=100円台の円高進行となりました。週半ばからは新興国通貨が落ち着き、アメリカの経済指標の改善や好決算もあってドルが買われ、週末7日(金)は102円台で引けました。想定のレンジを1円下回る動きとなりました。
今週は新興国の通貨安一服がまだ継続するのかどうかとなります。というのは、通貨安の一服はヘッジファンドが利益をとるために買い戻しをすすめたという見方があり、そうだとすればFRB議長のQE3縮小に関する金融政策の今後の方向が11日、13日の議会証言での内容次第では新興国通貨が売り直される可能性もあります。基本的にアメリカの経済指標に一喜一憂し、相場の方向性は出にくいと思われます。101~103円のレンジを想定。

ドル円2-7

1 2

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 目先は戻り試す展開もここからは上値重い