日本株投資「This time is different」

 一方、小泉政権では郵政民営化を中心に構造改革を強力に推進しました。つまり小泉政権では前半は2本の矢、終盤は1本の矢しか前を向いていなかったのです。結局、日本経済はデフレから脱却することができずに、再度低迷してしましました。
 今回は違います。日本銀行は継続して物価が2%上昇するまで金融緩和を継続し、必要であれば追加緩和を行うことを表明しています。財政出動も同様に、震災復興や国土強靭化計画を打ち出しています。財政支出が継続して増加することは想定できませんが、大きく削減されることはなさそうです。
 では、安倍首相の3本目の矢は小泉政権と同様に強力なものに成りうるのでしょうか?安倍首相はまだ成長戦略の詳細を発表していません。しかし、主要な全国紙の記事の数がヒントになりそうです。

★図3

 図3では「構造改革」の記事の数を示していますが、小泉政権の際には構造改革の記事が劇的に増えました。一方でこちらの図4は「成長戦略」の記事の数を示しています。安倍首相は構造改革という言葉は使わず、「成長戦略」と発言しています。

★図4

 これらを見ると、3本目の矢に関する記事の数は小泉政権時とほぼ同じです。これを見ると、成長戦略の詳細は不明ですが、少なくとも安倍首相の本気度だけはわかります。
 安倍政権になり、日本株はすでに50%以上、上昇しました。しかしアベノミクスの狙い通りにデフレから脱却できれば、まだまだ日本経済は成長できます。そしてアベノミクスによる政策ミックスは「今度ばかりは違う」可能性が非常に高いと言えます。

このページのコンテンツは、スパークス・アセット・マネジメント㈱の協力により、転載いたしております。

1 2

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> その他> 日本株投資「This time is different」