新興国通貨不安から下値確認の動きへ

(指標)日経平均

 先週の予測では、15000円を挟んだ下値模索の展開になるとし、下値は終値で12月6日の安値15112円を終値で切ると14800円水準になるとしました。
 結果的に、27日(月)は▼385の15005円と終値で12月6日の安値15112円を切ったものの、29日(水)は△403の15383円と反発しました。しかし、この日の分析では、このまま上昇するには材料不足であり調整不足としましたように、翌30日(木)は▼376の15007円と大幅急落し、週末31日(金)は一時14764円まで下落し▼92の14914円で引けました。その後のアメリカ市場では、アメリカ株安・円高を受けてシカゴ日経先物は14610円となっていました。
 今週も新興国の通貨安不安があり、先物主導で先週に引き続き不安定な展開となる可能性があります。特にアメリカでは、重要な経済指標が相次ぎ、特に週末7日(金)の1月雇用統計が注目となります。下値は終値で14800円水準と14500円台を想定していますが、メッセージで解説したように、ヘッジファンドの先物を利用した売り仕掛け・買い戻しにより、行き過ぎの下げも考えられます。目先の上値は15200円水準、その上は15400円というところです。
 週明け3日(月)は、通貨安から新興国に対する不安が消えないなか先物主導で売られ▼295の14619円となり、2回連続でろく売出現となりました。

日経平均2-3

(指標)NYダウ

 先週の予測では、下値模索の動きになるとし、そのカギを握るのは29日のFOMCのQE3の縮小規模(毎月100億ドルの減額)をどうするかにかかるとしました。
先週は、ロシアやトルコ、南アフリカなどの通貨安をきっかけに、欧米株式市場でもリスク回避の動きが強まり、アメリカ市場では週前半は自律反発の動きとなっていましたが、新興国の通貨安が再燃すると29日(水)は▼189の15738ドルと3ヶ月ぶりの安値をつけ、30日(木)は昨年10~12月期GDPの好調さを受けて△109の15848ドルと反発するものの、週末31日(金)は再び安値を更新する15617ドルまで下げて▼149の15698ドルで引けました。
今週は、新興国の通貨安不安が長引くかどうかが相場の行方を左右することになります。それに影響を与えるのがアメリカの経済指標の発表、特に週末7日(金)の1月雇用統計となります。さらに下値を探るか、値ごろ感からいったん買いが入るかに注目となります。31日(金)の終値15698ドルは75日移動平均線(15963ドル)や12月12日の安値15703ドルを切っていますが、26週移動平均線(15679ドル)でかろうじてサポートされています。ここを切ると15400ドル水準が抵抗ラインとなります。今のところ、2012年11月16日の12471ドルからの上昇トレンド(B)を切るような悪材料にはならないと思われます。

NYダウ1-31

(指標)ドル/円

 先週の予測では、FOMCや中国の理財商品が焦点になるとし、102~104円のレンジを想定しました。
結果的に、中国の理財商品のデフォルト懸念は中国政府により解消されましたが、FOMCでは期待されていたQE3縮小の規模が既定通り実施されたことで再び新興国の通貨安懸念が進み、欧米株式が下落となって為替はリスク回避の円高の動きとなりました。29日(水)は新興国通貨安が一服したことで、ドルは日本市場で103.4円まで買い戻されましたが、引け後のアメリカでFOMCの結果を受けてリスク回避のドル売り・円買いとなって102.1円までドルが売られ、週末31日(金)は一時101.96円まで円高進行となりました。
今週は、アメリカで重要な経済指標の発表が予定されていますが、新興国通貨安不安で不透明感が漂っており、市場が安定を取り戻せるかどうかの重要な週との指摘がされています。注目は週末7日(金)の1月雇用統計の結果ですが、予想を上回れば円安・ドル高の方向に動きことになります。101.5~103.5ドルのレンジを想定。

ドル円1-31

1 2

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 新興国通貨不安から下値確認の動きへ