年数回しかない買いチャンスの到来

(指標)日経平均

 先週の予測では、基本は1月14日の終値15422円から1月15日の終値15808円の間での値動きを想定しました。結局、為替に左右されて先物主導の大きな上下動となり、ザラ場の高値は1月23日の15958円、安値は1月24日の15288円でしたが、終値では高値は1月22日の15820円、安値は1月24日の15391円と15422~15808円を基本としたレンジを上下共に少しはみ出すものの、ほぼ想定して動きとなりました。但し、1月9日の15880円の売転換に続き、1月24日の15391円でろく売という追加の売りの形が出て、8月28日の13188円からの短期の上昇トレンド(B)を明確に下に切ってきました。
 今週は、15000円前後での下値模索の展開となりそうです。特に終値で12月6日の安値15112円を切ると目先下放れの形なり、次の下値ポイントは14800円水準となります。まずは28~29日のFOMCでの量的緩和縮小が新興国の通貨安を通じて新興国の経済に与える影響を見極めるため、目先は安値圏での動きとなりそうです。そのため、本格化する企業決算の元で好業績の個別株中心の相場となることが予測されます。
 週明け27日(月)は、前場に14933円まで下げたあとETF買いが意識されて下げ渋り前引けは▼382の15069円となり、後場には15000円台でもみあい、終値は▼385の15005円と何とか15000円の大台を守りました。この水準から反発するのか、それとももう一段下が出るのかはFOMCの結果次第となります。

日経平均1-27

(指標)NYダウ

 先週の予測では、チャート上16240ドルを終値で切ると柴田罫線では売転換出現となって値幅調整が必要になるが、そうでなければ日柄調整が続くことになるとしました。又、決算が本格化するが、これまでのところ決算が低調な内容となっているため、上値を試すのは難しいともしました。
連休明けの2日間はNYダウは続落するものの、ナスダックは高値を更新するというまちまちの動きでしたが、23日(木)は1月の中国製造業指数が悪化、さらにアメリカの経済指標も予想を下回ったことで▼175の16197ドルと続落し、柴田罫線で売転換出現となりました。そして週末の24日(金)は、アルゼンチンのペソの急落から新興国の通貨安に波及し、世界同時株安の様相となって▼318の15879ドルの急落で引けました。
今週は下値模索の動きとなりそうです。そのカギを握るのは28~29日のFOMCで、資産購入額を毎月100億ドルづつ減額することを実行するかどうか注目となります。このQE3の規模の減少によって新興国から資金を引き上げられる懸念から新興国の通貨安の一因となっているため、FOMCでFRBの政策金利の手直しがなければ予想外のドル売り・円買いとなってNYダウも売られる可能性があります。下値ポイントは、まずは12月12日の安値15703ドルを守れるかどうかとなります。ここを切ると10月9日の14719ドルの安値から12月31日の16588ドルまでの上昇幅の1/2押し(15654ドル)が下値ポイントとなります。その下は15387ドル水準というところです。

NYダウ1-24

(指標)ドル/円

 先週の予測では、翌週にFOMCを控えて主な経済指標の発表もなく、手掛かり材料に乏しいために103~105円のレンジを想定しました。
 20日(月)から22日(水)までは104円台半ばでの狭い動きでしたが、23日(木)には中国の経済指標をきっかけに欧米株式が急落し、ドルの全面安となって一時102.98円まで下落し、その後は103円台前半の動きとなりました。ここまでは想定のレンジの動きでしたが、24日(金)の引け後のアメリカ市場でアルゼンチンのペソが急落し、新興国通貨安に波及したことでリスク回避の円買いとなって102円までの円高となり、102.25円のドル安・円高で引け、売転換出現となりました。
 今週はFOMCや中国理財商品が重点となります。FOMCで今月からスタート予定の毎月100億ドルの資産買い入れ額の縮小が決定される予定ですが、延期されたり規模が小さくなれば円安が進みにくくなります。又、今週末に償還期限を迎える中国の理財商品のデフォルト懸念が高まっており、リスク回避の円買いとなる可能性もあります。102~104円のレンジを想定。

ドル円1-24

1 2

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 年数回しかない買いチャンスの到来