ベトナム訪問記-チャイナプラスワンが農業発展への道-

◇直接投資が成長を決める
 ハノイとホーチミンの違いはどこから来ているのか。ホーチミンは南ベトナム時代の首都(サイゴン)であり、早くから対外開放が進んでいた。つまり、外資の進出が多い。一方、ハノイは北ベトナムの首都であり、社会主義的経済が長く続いてきた。南北ベトナムの統一は1976年である。

 ベトナムの南北は、かっては違ったシステム下にあった。ベトナムは19世紀中葉以来、フランスの植民地であったが、北部は1945年のホーチミンの独立宣言以来、共産党の支配下にあり、とくに57年以降、社会主義システムが強化された。南部はフランスに代わって、その後米国の支配下におかれ、資本主義であった。そのため、経済は対外開放が進んだ南部の方が発展している。

 こうした歴史の違いは、1976年の南北統一後も色濃く残っており、政治は北(ハノイ)、経済は南(ホーチミン)という関係はいまも残っている(注、拙著『走るアジア遅れる日本』日本評論社2001年、第8章「ベトナム 第2次ドイモイ(刷新)の必要」参照)。

 2012年末現在の外国からの直接投資受入れ(認可ベース、累計)は、人口1人当たりで見て、ハノイ3,098㌦に対し、ホーチミンは4,218㌦である(全国平均2,371㌦)。この直接投資導入額の差が、工業発展の格差を作りだしてきた。図1に示すように、ベトナムでは直接投資が工業生産の発展を決めている。関数を推計すると、決定係数は0.9213である。直接投資が工業成長の決定的要因と言えよう。

図1 ベトナム地域別にみた直接投資と工業生産の関係
zu1

 ところで、近年の成長性ではハノイも注目に値する。2012年の生産活動は2005年対比で、工業生産5.2倍(ホーチミン3.3倍、全国4.7倍)、総小売売上高7.3倍(ホーチミン4.9倍、全国4.8倍)である。建設業総生産は2010年対比でハノイ42%増、ホーチミン23%増、全国31%増である。生産活動では、ハノイもキャッチングアップを急いでいるようだ。(注、これらの増加率は物価上昇を含んだ数値であるが、地域間比較には問題ないであろう)。

表3 地域別の経済活動の水準と変化
hyo3

◇チャイナ・プラスワンの実態
 ベトナムは1986年の「ドイモイ」(刷新)政策以来、何度か経済成長のブームが起き、その都度、“潜在的可能性の大きい国”と見られた。90年代には米国の経済制裁解除に伴い、外国企業の直接投資が活発化し、ブームを呈した(しかし、96年、短期間で終わった)。

 近年も、チャイナ・プラスワンとして脚光を浴び、賃金上昇の激しい中国を回避した企業の直接投資が増えた。外資の進出が増え、GDP成長率も6~8%成長が続いている。2年位前までは、航空便の座席予約が取れないと言われるくらい、過熱状態であった。

 しかし、現在、東南アジア向けの直接投資はインドネシアに流れている。外資の立地戦略は、輸出拠点としての適地(製造コストの安さ)、インフラ整備、現地市場の大きさ、サプライチェーンの蓄積を比較して決定されるが、現地市場の大きさの点で、人口2億強のインドネシアの魅力が勝っているからであろう。日系企業も全体の動きと軌を同じにしており、タイ、インドネシア志向が強い。

 現在のベトナムの懸念は、2015~18年のASEAN市場統合で域内関税がゼロになった時、いま関税で保護されている産業は輸入に転じるのではないかという心配が強い。例えば、自動車はタイから輸入する。自動車は空洞化の危機があると見られている。課税や規制などを撤廃しないと、カーメーカーは長期的視点からの投資が出来ないであろう。経済成長のエンジンである直接投資の呼び込み競争に勝つには、思い切った経済改革が待たれる。

 日本は、ベトナムへの最大の直接投資国である。1988~2013(1~6月)累計で見ると、日本の総投資額は327億㌦(全体の15%)で、2位シンガポール283億㌦、3位台湾274億㌦、4位韓国255億㌦を上回る。ベトナムは日本企業にとって、賃金が安いだけではなく、「親和性」があると言われる。仏教国、コメ文化、漢字(昔)、箸の使用など、日本と同じである。特に旧北ベトナムは北東アジア文化圏と言われる。

 日本語を話す人も結構いる。日本語学習意欲が高く、日本語検定を受ける人も多い。技能研修性の評判も良い。バイク、自動車部品加工、縫製業などで競争優位にある。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> その他> ベトナム訪問記-チャイナプラスワンが農業発展への道-