11月相場は、信用期日接近やヘッジファンドの決算月で上値重い

(指標)日経平均

 先週の予測では、上値としては7月19日の14953円が上値ポイントとなるとし、当面の円安方向は期待できないことから全体相場というより、決算シーズンを迎えて上方修正期待の銘柄が多いことで業績相場となって個別銘柄物色の動きになりそうであるとしました。
 結局、22日(火)にアメリカの雇用統計が予想を下回ったことで量的緩和策の縮小時期が先送りされる可能性から欧米株式は上昇となりましたが、為替は日米金利差縮小からドル売り・円買いの流れとなりました。23日(水)は、前場はアメリカ株高を受けて14799円まで上昇するものの、7月19日の14953円の前の9月27日の14817円水準で止まり、後場は円高を嫌気して▼287の14426円となりました。週末25日(金)は、これまでと逆に円の先安感が後退したことで先物主導で売られ、裁定解消売りを誘って急落し▼398の14088円で引けました。
 今週の予測は、三角保ち合いの中で戻りを試せば14800円水準が上値で、下値模索となれば14000円水準、ここを切ると10月8日の13748円が下値ポイントとなります。
 週明け28日(月)は、先週末とは逆に先物主導で裁定買いを誘い、大幅上昇となって△307の14396円と大幅反発しました。しかし、出来高は低水準で売買代金も2兆円に届かず、薄商いの中を指数のみが上下している状況となっています。

日経平均10-28

(指標)NYダウ

 先週の予測では、財政協議が16日に暫定合意となったことで年内は金融市場の不透明感が後退し、今月末のFOMCでQE3の規模縮小時期が先送りされることは確実との観測から、アメリカ株式は上昇基調が続くとしました。
22日(火)には、9月雇用統計が予想を下回ったことでQE3の長期化期待からアメリカ株式は3大指標とも続伸となり、S&Pは5日続伸で史上最高値を更新しました。23日(水)は、中国の成長ベースの懸念から▼54の15413ドルと反落するものの、24日(木)は中国の10月製造業PMIが予想を上回り主要企業の決算も好調なことから△95の15509ドル、さらに25日(金)も△61の15570ドルと続伸し、9月18日の15709ドルの史上最高値を試す形となってきています。
今週は、政府機関の閉鎖の影響が雇用や景気に出てくる可能性があり、現水準からの上値は重く、高値圏でのもみあいとなりそうです。

NYダウ10-25

(指標)ドル/円

 先週の予測では、財政問題の不透明感とQE3の縮小時期が先送りされたことで、ドルは積極的に買われる状況ではなく、円安の方向は限定的とし、97~99円台のボックス相場としました。
結局、22日(火)にアメリカの9月雇用統計が予想を下回ったことで現行の量的緩和策の継続期待からドルが売られ、さらに中国の金利上昇懸念からリスク回避の円買いの動きもあって、週末25日(金)は一時96.94円の円高となり、引け値は97.40円でした。
今週も引き続きFRBによる金融緩和策の長期化観測が広がり、ドル安圧力となっています。29~30日のFOMCで景気に慎重な見方が示されるとドル売りがもう少し進む可能性があります。96~98円台のレンジ。

為替ドル円10-25

1 2

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 11月相場は、信用期日接近やヘッジファンドの決算月で上値重い