色褪せるアベノミクス?

・円安でも伸びない輸出

高い天然ガス購入増もあって、貿易赤字が続いている。9月の赤字は9321億円と、月間1兆円ペースに近付いている。輸出は対前年同月比11.5%増と伸びたが、輸入の伸びが16.5%増と上回った。2013年度上半期分では、輸出は9.8%増、輸入は13.9%増で、貿易収支は4兆9892億円の赤字となった。

円安で輸入品が高くなり、輸出品が安くなるはずなのに、輸出の伸びが小さい。また、9月は金額ベースでの輸出は伸びたが、数量ベースでは3カ月ぶりの減少となった。何が起きているのだろうか?

まず、輸入はその国の国内事情を反映する。分かりやすい例が、日本は高くても天然ガスの輸入を急増させていることだ。

一方、輸出とは相手国の輸入なので、相手国の国内事情を反映する。分かりやすい例が、中国が日本からの輸入を急減させたことだ。そこには、円安、円高要因が入り込む余地が少ないのだ。

また、円安は必ずしも現地での日本製品の値下げを意味しない。値下げしなければ、現地の購入者にとって円安メリットは皆無だ。別の理由でもなければ、日本からの輸入を増やすことはない。数量ベースでの日本の輸出は増えない。

円安で起きていることは、同じ1万ドルの売上げが80万円から100万円に増えたことだ。金額ベースでの日本の輸出は増える。また、輸出企業はエネルギーコストの上昇を上回るだけの収入を得て、その業績は回復してきている。一方、海外から見れば、日本国内での旅行費用や買い物が2割安くなったので、観光や小売業界も国際競争力を向上させている。

・危機感を失った安倍首相?

日銀が保有する長期国債の残高は3月末の約91兆円から10月20日時点では約129兆円へ1.4倍に急増した。日銀は2013年末に140兆円、2014年末には190兆円へ積み増す方針だ。日銀が予定通りの金融緩和を続け、米連銀が2014年中に金融緩和を終了すれば、円安トレンドは継続する可能性が高い。

また、2009年以降の米国で起きたように、日本も量的緩和で株高になるかと思う。実のところ日米共に、株価を押し上げる最後の巨大エンジンにはまだ点火されていない。債券バブル崩壊による株式急騰だ。これは、金融緩和の終了が点火の役目をするかと思う。今後も量的緩和だけで、円安、株高となる可能性が高いとみている。

ウォールストリート・ジャーナルによると、安倍首相は当初、アベノミクス「3本の矢」経済刺激策を、ゴルファーがボールをバンカーからグリーンへ乗せるために選んだサンドウエッジだとの比喩を使っていたようだ。バンカーがデフレで、グリーンが良好な経済状態という意味らしい。

それが現状では、「ボールは現在グリーンの真上にある。ボールがグリーン上に落ち、カップインするかどうかは、第3の矢が決める」となったようだ。第1の矢は異次元金融緩和、第2の矢は大型公共事業、第3の矢は(構造改革を伴った?)成長戦略だ。
参照:Abe’s Economic Archery With a Golf Club
http://blogs.wsj.com/japanrealtime/2013/10/26/abes-economic-archery-with-a-golf-club/?KEYWORDS=abe

私はメルマガやブログ、電子書籍「日本は円安誘導政策を急げ!」で主張し続けてきたように、日本経済の行く末に強い危機感を抱いていた。安倍首相が2回目の政権を担った時、前回の安倍首相自身を含む、これまでの歴代首相にない危機感の共有を感じ、大いに期待した。ところが、支持率の上昇に自信を深めたのか、最近の安倍首相は危機感を失ったかのように見える。確かに、エネルギー政策でも、ボールがどこに落ちるのかを3年間も待つ気でいるのでは、事実上の無力感が、危機感の欠如にも見えてしまうのかもしれない。

増税して、過去最大の予算を使いたいように、日本の官も大きな政府、大きな裁量権を求めている。それがアベノミスクの正体なのか、安倍首相の「危機感」に乗じて、自らの裁量権を増やそうとする官の習性なのかは分からない。
参照:アベノミクスの正体
http://ameblo.jp/dealersweb-inc/entry-11609852463.html

第3の矢が前の2つの矢に比べて見劣りするようだと、これまで日本を追い詰めてきた旧態依然とした金融・財政政策とほとんど変わりがない。アベノミクスの神髄は第3の矢にしか存在しないと言えるのではないか。

大きな政府での財政再建は難しい。財政再建どころか、健全な経済成長も難しい。ここは安倍首相にもう一踏ん張りして、規制緩和、構造改革に踏み込んで貰いたいものだ。

★「相場のイロハから実践まで、徹底理解セミナー」

私はTOPIXが1982年来の安値をつけた2012年の6月以降から、自身での株式運用を開始するべく動き始めた。諸般の事情をクリアーするなかで、実際の運用開始は2013年4月からとなった。日本株は2012年11月から上げ始めたが、私が運用を始めた4月時点の株価は、現状の株価とほとんど変わらない。初動の急騰を逃したとはいえ、今後の自分次第では、運用及び事業で、その急騰を大幅に上回るリターンを上げることは十分に可能だとみている。

株価が保合となっているなかで、私が上抜けを期待しながらどのような運用をし、どのような結果を出しているかを、実際の売買記録をもとに、成功例、失敗例、改善すべきところ、今後につながるアイデア等を、「相場のイロハから実践まで、徹底理解セミナー」で解説したい。

12月7日(土)10:00~18:20 定員10名様限定
→詳細:http://s-chart.com/seminar20131207.html

1 2

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> その他> 色褪せるアベノミクス?