アメリカの財政問題への警戒続けば、調整継続

(指標)日経平均

 先週の予測では、10月1日(火)に安倍首相の消費増税をとそれに伴う経済対策の発表予定であるが、材料出尽くしの可能性もあるとしました。アメリカの財政協議の難航もあり、調整気味の展開になるとしました。
結局、2日(水)はアメリカの政府機関の一部閉鎖を嫌気し、又安倍首相の発表内容にサプライズはなく材料出尽くしとなって先物主導で▼314の14170円の大幅下落となりました。週末4日(金)もアメリカの財政問題での与野党対立が続いていることでドルが96円台まで売られ、日経平均は一時14000円を割れ、終値は▼132の14024円で引けました。
今週は、引き続きアメリカの財政問題での与野党対立を背景に世界的に投資家がリスク回避の動きとなっており、一段と円高が進むようなら日経平均は14000円を割っていくる可能性があります。但し、財政問題が進展すればアメリカ株式とドルは反発する公算が大きく、日経平均も連動することになります。もし、債務上限引き上げ期間の17日に向かって与野党対立が解けなければ、もう一段の株安・ドル安となって、日経平均はチャート上は13600円水準までの下落の可能性があります。
週明け7日(月)は小高く寄り付くものの、先週末に期待されたアメリカの財政協議の進展がなかったことで14000円を割ると一段安となり、26週移動平均線(本日13980円)を割り込んで▼170の13853円で引けました。目先の下値ポイントは8月28日の13188円から9月27日の14817円までの上昇幅の0.618押しの13810円となります。その下は150日移動平均線(本日13671円)、柴田罫線の13600円水準があります。 

(指標)NYダウ

 先週の予測では、財政協議の行方と9月の雇用統計が注目となり、9月の雇用統計が大幅改善すれば反発の期待もできるが、現水準での弱いもみあいが続くとしました。
10月1日(火)の午前0時までに暫定予算案の合意ができず、政府機関の一部が閉鎖され、その後も財政協議の難航から3日(木)には▼136の14976ドルと約1ヶ月ぶりに15000ドルを割れました。週末4日(金)は、景気回復のペースの鈍化で年内の量的緩和縮小の見送りの可能性から△76の15072ドルと反発して引けました。
今週も政府機関の一部閉鎖に発展した財政問題を巡る与野党の対立に相場が左右され、さらに17日期限の債務上限引き上げ問題の行方も不透明で、対立が長引けば相場が混乱する可能性もあります。常識的には、どの時点かで合意ができて、急反発というパターンも考えられます。

(指標)ドル/円

 先週の予測では、アメリカで暫定予算が成立しなければ政府機関の一部閉鎖となり、ドルが買われにくい地合いが続くとし、97~99円のレンジを想定しました。
結局、財政協議が与野党対立で政府機関の一部閉鎖となり、さらに長引けば債務上限引き上げ問題も不透明さが増してくることでドルが売られ、3日(木)には一時96円台をつけるドル安・円高となりました。週末4日(金)は97.43円で引けました。
今週も引き続き、アメリカの財政問題への懸念からドル売り・円買いの圧力が高まっています。市場の見方は債務上限引き上げ期間の17日まで、与野党はお互いに譲歩しないとの見方がるよいようです。96~98円台のレンジを想定。

1 2

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> アメリカの財政問題への警戒続けば、調整継続