相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(4205)日本ゼオン

 四季報2013年秋号によると、トウペ(前期売上高141億円、営業赤字4億円)連結化。大型テレビ向け新規案件やモバイル用など光学フィルムが躍進。円安加わり営業益挽回。会社はゴム市況やや悲観。為替差益減る。連続増配。
 9月27日の日経新聞では、26日、2013年4~9月期の連結純利益が前年同期比80%増の100億円と発表。従来予想より20億円上方修正。14年3月通期予想も、売上高17%増、純利益19%増となる見通し。
2011年8月1日の861円を高値に緩やかな下降トレンド(A)を形成。この中で2012年10月3日の518円を安値に反発しているところで11月中旬にアベノミクス相場がスタートし、12月4日に684円で買転換が出現して下降トレンド(A)を上に抜け、今年の5月20日に1250円まで上昇しました。ここを目先のピークにして日経平均の急落につれ安し、6月7日の922円まで下落、その後7月1日の1190円まで反発して上向き三角形(B)の上昇となっていました。その煮詰まってきたところで9月3日に1213円で上放れとなり、9月25日に1344円の高値をつけました。翌日の26日に会社側は上方修正を発表しましたが、前日に織り込んでおり、材料出尽くしとなっていったん下落となっています。通期でも上方修正の予測です。

(6501)日立製作所

 四季報2013年秋号によると、1月に火力発電分離。中国の昇降機と高機能材料が好調、自動車関連も寄与。国内原子力が下期復調。販価下落厳しく情報の赤字案件引きずるが、円安効果と原価低減でカバー。ルネサス持分損ない。
 7月30日の決算発表で、2013年9月上期の連結税引き前利益を900億円→1150億円に28%上方修正。自動車向けなどに好調な高機能材料が収益をけん引。コスト構造改革の進展も。14年3月期は情報通信システムの好調やコスト削減策も奏功し、営業増益。
 昨年の10月15日の401円を安値とする上昇トレンド(B)の中で、今年の5月20日に801円と7ヶ月で2倍化し、日経平均の急落につれ安して調整安となりました。6月7日の611円、6月27日の608円と2点底となって7月2日に674円で買転換出現となったことで、弊社(オフィス出島)の有料会員向けに7月3日の時点で、608円を終値で切ると損切り前提に、買いポイントを①640~660円台②610~630円、短期の利食いポイントを700~750円としました。
結果的に、翌日の7月4日に658円の安値をつけて7月8日に699円まで上昇し、ここを目先の戻り高値にもみあいとなり、7月29日に634円で短期の売転換が出現。7月30日の決算発表で上方修正となるも材料出尽くしとなり、8月22日には終値600円となって6月27日の608円を終値で下に切りました。本来ならば、業績からみると6月27日の608円を終値で切るところではないのですが、業績がいいために下げると信用買いが入って、買い残が5月20日に801円をつけた時よりも増加しており、円高に振れるとすぐに目先の投げが出て下値を切り下げる形となっています。結局、8月28日の589円、9月6日の587円とダブル底をつけて9月10日に623円で買転換が再び出現した形となりました。

1 2

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!