相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(6310)井関農機

 四季報2013年秋号によると、農機は補助金政策の遅延で中国出遅れるも、後半挽回。農家の投資意欲上向き、柱の国内順調。トラクター新機種加わり北米続伸。開発費などのコスト増が想定下回り、営業増益幅拡大。為替差益減る。
8月7日の決算発表では、1~3月期経常益は0.5億円の赤字に転落。但し、前期通期は39%の増益。4~6月期経常は14%増の13億円へ。
 2009年8月17日の477円を高値に本格調整となり、2011年3月15日の136円で底打ち。ここから三角保ち合い(A)を形成し、この中で2012年10月11日の171円を安値に反発となり、11月19日に198円で買転換が出現、アベノミクス相場のTPP関連銘柄として今年の5月20日には454円まで上昇しました。ここを当面のピークに1~3月期の赤字転換を嫌気して6月27日の258円まで下落しました。10月11日の171円から5月20日の454円までの上昇幅の2/3押し(266円)水準まで下げたことになります。少し深押しとなりますので、5月20日の454円を突破するには時間がかかるかもしれませんが、成長戦略のテーマ株であるTPP関連ですので、いずれは高値を更新してくるものと思われます。

(5991)日本発條

 四季報2013年秋号によると、独立系自動車部品メーカー。懸架ばね首位。HDD用精密ばねの回復が見込み下回るが、懸架ばねやシートなど主力の自動車部品は北米やアジア需要が好調、国内も横ばい程度を確保と想定超。円安による海外利益カサ上げ効果も。営業増益の幅拡大。最高純益を大幅更新。連続増配も。
 8月8日の決算発表では、4~6月期経常益5%増の93.2兆円。中間期を従来比16%増に上方修正。
2012年10月11日の600円を安値に11月14日の628円、12月25日の645円と順上げの3点底の形を作り、12月28日の706円で買転換が出現、アベノミクス相場による円安にサポートされて急角度の上昇トレンド(A)を形成しました。この中で、今年の5月22日の1373円まで上昇、6月7日の993円まで押し目を入れて再上昇するものの7月24日の1245円が2番天井となり、1100円台で小さな三角保ち合い(B)を形成、その後下放れとなって上昇トレンド(A)を下に切り、9月6日に985円まで下落しました。この水準でもみあったあと9月19日に1060円で買転換出現となりました。

1 2

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!