今週は、FOMCの結果を受けての動きに注目

(指標)日経平均

 先週の予測では、東京オリンピック開催決定で戻りを期待できるが、SQを週末に控えて、又翌週のFOMCの金融政策を巡る様子見ムードもあり、上値を14300円水準としました。
 しかし、9日(月)にはオリンピックの決定に加え、4~6月期GDP改定値が上方修正となったことで△344の14205円の大幅高となり、10日(火)は、シリア情勢の一服からNYダウが15000ドルを回復したこともあり△218の14423円となって三角保ち合いを少し上に抜けました。しかし、週後半には買いが一巡して上げ幅を縮小し、週末13日(金)は一時▼154の14233円まで下げましたが、△17の14404円と9月SQ値14323円を上回って引けました。三角保ち合いの上放れが明白になるには、8月2日の14466円を終値で上に抜ける必要があるとしていましたが、ザラ場では9月11日に14561円まで上昇したものの終値では抜くことができませんでした。
 今週の相場の動きは17~18日のFOMCにかかります。量的緩和の縮小に踏み切るかどうかですが、アメリカ株式はある程度織り込んでいても新興国は資金流失の可能性があり、もし踏み切った場合に米長期金利の急上昇を誘発すれば混乱要因となります。ただし、下げても、シリアへの武力行使が回避されたことは相場の下支えとなります。下値は14200円水準、上値は9月11日の14561円を終値で抜けると14800円水準を試すことになります。
 連休明け17日(火)は、サマーズ元財務長官のFRB議長の辞任を受けてNYダウは上昇するものの、為替が円高へ進んだことで主力株は見送られ小型株が上昇となり、▼93の14311円となりました。FOMCの結果待ちとなっています。 

(指標)NYダウ

 先週の予測では、シリア情勢とFOMCの金融政策を巡る観測が交錯する展開を予想しましたが、週明け9日(月)は、日本のオリンピック開催決定やGDP改定値の上方修正、中国の8月CPIが予想を上回り、又シリア情勢が一服したことで、△140の15083ドルと15000ドル台を回復したことから戻りを試す展開になるとしました。
結局、シリア情勢が外交的解決の方向に向かい、世界的な経済状況が改善に向かっていることで、11日(水)には△135の15326ドルと3日連続の100ドル超えの上昇となりました。12日(木)は▼25の15300ドルと一服しましたが、週末13日(金)は△75の15376ドルで引けました。
今週は、FOMCの金融政策が焦点となり、小幅な縮小の見方が多く、その場合長期金利が大きく上昇しなければ目先材料出尽くしから株価は上昇する可能性が高く、先伸ばしされても株価は上昇することになります。
週明け16日(月)は、時期FRB議長として有力視されていたサマーズ元財務長官が辞退したことでハト派とされるイエレンFRB副議長が有力視され、一時△173の15549ドルまで上昇し、終値は△118の15494ドルで引けました。

(指標)ドル/円

 先週の予測では、8月雇用統計が予想を下回ったことでFOMCでの金融政策の方向が不透明となり、シリア情勢からも投資家がリスクをとりにくく円高基調となるものの、消費増税実施の可能性が高まれば円売りになりやすいとしました。チャートでは、引け値で9月6日の100.2円を上回れば、柴田罫線で三角保ち合いを上放れる形になるとしました。
 しかし、10日(火)にシリア問題でロシアの提案を受け入れる可能性が高まってリスク回避でドルが買い戻され、米国債利回りが上昇してドルが買われ、11日(水)には100.6円までのドル高進行となり、ドルの三角保ち合いの上放れ(円の下放れ)となりました。その後、週後半は経済指標の下ブレで量的緩和縮小時期がズレ込むとの見方からドルが売られ、週末13日(金)は99.19円までの円高となって99.31円で引けました。
 今週は、17~18日のFOMCが最大の焦点となります。実施が伸びれば99~100円のもみあい、実施されれば金利が上昇し株安につながりますが、実施されても低金利政策は継続されるので、金利の上昇が限定的であれば円売り・ドル買いとなってきます。100円を軸にもみあってその後緩やかな円安となりそうです。

1 2

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は、FOMCの結果を受けての動きに注目