アベノミクスの正体

黒田日銀総裁は、予定通りの増税によって景気が腰折れした場合、「対応の余地がある」として追加緩和を辞さない姿勢を示した。

量的緩和とは、円の通貨価値を引き下げることにより、相対的に何かの価値を引き上げる効果がある。モノが上がればインフレ、外貨が上がれば円安、株が上がれば株高だ。資金が設備投資や消費に流れなくても、通貨価値が下がれば、何かが上がる。日銀の岩田副総裁は「金融政策が実体経済に波及するには『株価の上昇と円安が必要』と指摘した」が、量的緩和は効果的だ。

一方で、大量の通貨発行はまた、政府・日銀の信用を引き下げる。いわゆる、金利急騰のリスクが拡大するのだ。その追加緩和の理由が、「予定通りの増税によって景気が腰折れした場合」だとすれば、目も当てられない状態の時に、政府・日銀の信用を更に引き下げることになる。

異次元緩和は成果を上げられなければ、政府・日銀の信用が失墜する。何が何でも経済再生に結び付けなければならない、いわば背水の陣だ。経済再生→財政健全化→経済再生の好循環は、この順番であるべきで、消費税率引上げでは、一時的な税収増→財政健全化→経済失速→税収減→更なる財政悪化→税率引上げ、に至る可能性を排除できない。この循環には経済再生が抜け落ちている。

「財政再建と景気回復」の二兎を同時に追うことは危険だ。財政再建を優先して増税すれば景気は失速する。結果的に財政も更に悪化する。景気回復を優先して達成できれば財政再建は自ずから成ることになる。再考を願いたい。

・官はそんなに偉いのか?

増税は、民から官への資金移動だ。増税が景気回復を阻害しないとの見解は、資金を官に任せて運用させれば、民よりうまく運用すると言っているのに等しい。果たして、そうなのだろうか? 日本の財政危機は、これまで官が民から取立てる資金量が、足りなかったために起きたのだろうか?

官がこれまで行ってきた無駄や、失政を挙げれば切りがないが、現政権や前政権を責める気は起らない。なぜなら、古今東西どこの国の政府も、そんなに変わらないからだ。「官はそんなに偉いのか?」と書いたが、偉いと思わなければ誰が政治家になるだろう。誰が行政など行えるだろうか。

裁量権がなければ、何もできない。官は常により大きな裁量権を望むものだ。主義主張の違う国家は多いが、見方によれば、主義主張は方便にすぎないとさえ言える。官と民、つまり事実上の支配(徴税)、被支配(納税)の関係を見れば、その政府が強大な裁量権を望んでいるか、バランス感覚を持っているかの違いの方がはるかに大きい。民が官に望むのは、バランス感覚だ。
参照:大きな政府と、小さな政府
http://ameblo.jp/dealersweb-inc/entry-11362639439.html
参照:キプロス・大きな政府の弊害
http://ameblo.jp/dealersweb-inc/entry-11497041759.html

ユーロ圏は大きな政府の弊害に苦しんでいる。

米国の、イスラム圏諸国に対して顕著にみられる他国への内政干渉は、大きな政府の特徴だ。そこには強国として他国の混乱を自国、あるいは自社の利益に結び付ける「腐敗」が見え隠れする。

ソ連は社会主義、あるいはマルクス・レーニン主義によって崩壊したのではない。強大な裁量権にほぼ必然的に伴ってくる「腐敗」で崩壊した。

中国の今年の国防予算は7406億人民元(日本円で約11兆1000億円)であるのに対し、治安維持費は7690億元(日本円で約11兆5000億円)と、2010年から3年連続で治安維持経費が国防費を上回っている。
参照:権力闘争と見るのは中国への「過大評価」
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20130903/252978/?P=4&nextArw

上の参照記事は、強大な裁量権を持つ中国政府は、現在「腐敗」と命がけの戦いを行っていると述べている。「腐敗」を放置すれば、政権が持たないという。

おそらくその見方は、治安維持費を見るだけでも正しい。またこの予算は、中国は日本や東南アジア、米国といった国外の仮想敵国よりも、自国内により強力な敵(仮想反政府勢力)を抱えていること示している。予算を見るだけで、中国がどことも中長期にわたる戦争ができないことが明らかだ。ごく短期間に成果が上げられなければ、自国内の敵が勢いづく可能性が高いからだ。

増税して、過去最大の予算を使いたいように、日本の官も大きな政府、大きな裁量権を求めている。それがアベノミスクの正体なのか、安倍首相の「危機感」に乗じて、自らの裁量権を増やそうとする官の習性なのかは分からない。

民主党前政権が「仕訳」という小さな政府指向から始まって、「増税+大型予算」という大きな政府指向に変節したことを鑑みれば、官の習性は根強いものだ。いずれにせよ、大きな裁量権から「腐敗」を切り離すことは難しい。

大きな政府での財政再建は難しい。「増税+大型予算」は官の万能感を示唆している。危ういのだ。「官はそんなに偉いのか?」 黒田総裁には、もう一度、自分に問いかけて貰いたい。

1 2 3 4

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> その他> アベノミクスの正体