アベノミクスの正体

【円安のメリットは、輸出増による製造業の回復が主として挙げられていたかと思う。ところが製造業は、輸出減、売上げ減で、尚且つ、過去最高益を上げている。円安により同じものが「円建て換算では」高く売ることができているからだ。1万ドルの売り上げが、前年の約80万円から約100万円になっている。数量減で売上げ減となっても、コストは変わらず、手元に残る利益は大きい。

円安、輸出製品値下げ、輸出増の考え方は、必ずしも実情を反映していない。技術競争力があれば、現地の価格で競争できるからだ。もっとも、米8月の自動車販売では現地生産を含めた日本車の伸びが軒並み大きいので、パーツ安や販売促進余力増で、多少の価格要因があるかもしれない。】

*米8月の自動車販売は、17%増の150万3151台となった。季節調整済みの年率換算では1609万台と、2007年10月以来約6年ぶりの高水準を記録した。GMは15%増。トヨタは23%増でGMに次いで2位。フォードとクライスラーはそれぞれ12%増。ホンダ27%増、日産22%増だった。

【また、円安は観光業などサービス業に貢献している。これまで、1000ドルで8万円分しか使えなかったのが、10万円分使えるようになったからだ。あるいは、海外からの日本ツアー代金が2割近く安くなったのだ。】

*7月の現金給与総額は前年同月比0.4%増の36万2141円となり、2カ月連続で増えた。賞与など特別給与が2.1%増の10万1184円、残業代など所定外給与が1.9%増の1万8752円と増えた。一方で、基本給となる所定内給与は0.4%減の24万2205円と14カ月連続で減少した。フルタイムで働く一般労働者が0.9%増の46万9666円だったのに対し、賞与の割合が低いパートタイム労働者は0.7%減の10万0349円となった。

特別給与の伸びは、郵便局など複合サービス業の27.5%増、金融・保険業の17.8%増、建設業の12.1%増が目立った。残業代は、卸・小売業が8%増、飲食サービス業が6.7%増と高い伸び率となった。

【基本給は減ったが、賞与の伸びが大きくて全体では増えた。「特別給与の伸びは、郵便局など複合サービス業の27.5%増、金融・保険業の17.8%増、建設業の12.1%増が目立った」とのこと。ふーん。】

*7月の家計消費状況調査主要品目の消費合計は全世帯で前月比6.3%増、前年比3.8%増、3カ月平均比10.1%減だった。勤労者世帯で前月比10.6%増、前年比7.3%増、3カ月平均比13.8%減だった。

・過去最大の予算請求

また、2014年度予算概算要求の一般会計総額が99兆2500億円になったと発表された。一般会計の要求額としては2012年度の98兆4686億円を上回り過去最大。このうち防災対策や成長が期待できる医療、農業などに重点要求できる「優先課題推進枠」には、ほぼ上限の3兆5177億円の要求があった。東日本大震災復興特別会計3兆6377億円と合算すると、要求額は2年連続で100兆円を超えた。

消費税率引き上げは「社会保障と税の一体改革」を推進するために決められた。
参照:社会保障と税の一体改革
https://www.mof.go.jp/comprehensive_reform/index.htm
参照:野田前総理ビデオメッセージ「社会保障と税の一体改革について」
http://www.kantei.go.jp/jp/noda/discource/20120217message.html

政府による上記のページを参照として挙げたが、実のところ私はまだ目を通していない。こういったページは、必要となった時に参照するために押さえているだけだ。私は例によって、金融市場の最前線での経験と知識とを拠り所に、コモンセンスを働かせることにしている。

財政再建、国債の格下げ阻止、それに伴う金利急騰の回避のために増税しなければならない時に、史上最大の予算請求というのは、一体何なのだろう?

当時の首相はビデオメッセージにあるように、民主党政権の野田佳彦氏だった。アベノミスクの第二の矢、「機動的な財政政策」とは無関係のはずだ。
参照:安倍内閣が取り組むべき経済財政運営の道筋
http://www5.cao.go.jp/keizai1/abenomics/abenomics.html

このページは見ているが、三つの好循環の起動として右端の3番目に、経済再生→財政健全化→経済再生の好循環が描かれている。しかし、上記のような大型予算請求と財政健全化とは必ずしも整合しない。財政健全化に必要な節約がなく、「もっと金を出せ」の要求ばかりだからだ。企業の再建プランが、上記ページのような場合、どれだけの債権者を納得させ、資金が調達できるだろうか?

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> その他> アベノミクスの正体