第39回、一目均衡表その10、「先行スパン2を極める。先行スパンが先行する理由!」

□こちらも実際のチャートで確認してみよう。まず52日間の大勢下げ相場があった。そのとき先行スパン2に向けて線を引く。これが予測。

図

□その後の価格変動はほとんどが予測の線より上で推移している。これは買い方が相当勢いを持っていることを示す。26日目が近付いてきて、予測の線上に戻ってきたが、最終的には先行スパン2で跳ね返されることなく突き抜けた。これにより大勢下げのトレンドが転換したことがわかったケースだ。

■これが実は三役好転につながるケースですね。

□よくわかっているじゃないか。ここまで来ればすでに均衡表は好転しているだろうし、遅行スパンもろうそく足を上抜けているだろう。そして、価格が先行スパン2を上抜けることにより三役好転が完成する。今回の例は突き抜けたケースだが、この雲の上限(先行スパン2)で跳ね返されて大勢下げが継続するケースもあるので注意が必要。

■どちらにしろ予測のラインと実際の値動きを比較すれば読み取れるというわけですね。

□そういうことだ。

■勉強になります。
 

7、もみあい相場時

□続いては52日間がもみあい相場のケースを話そう。例によってもみあい相場のときはまた違う考え方をしなければいけない。

図

□仮に52日間のもみあい相場があったとする。そのとき先行スパン2はそのもみあい相場の中心値を示す。

■ですね。

もみあい相場というのを煎じ詰めれば、ある価格を中心として、上がったり下がったりを繰り返す相場。

■なるほど。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 外為・海外市場・先物> 第39回、一目均衡表その10、「先行スパン2を極める。先行スパンが先行する理由!」