第38回、一目均衡表その9、「一目均衡表最大の売買シグナル、均衡表の好転・逆転とは?後編、均衡表の好転・逆転の本質!」

上昇していた相場が9日以上前に天井を打ち、下げに転じてくる。そして26日間の上げ幅の半値以上下がったところで転換線と基準線が重なる瞬間が現れる。これがいわゆる均衡表の逆転。こちらもブーメラン型だ。

■なるほど。正しい均衡表の好転・逆転はブーメラン型なんですね。

□チャートで確認しよう。

図

■なるほど、ブーメランだ。

□以上が典型的均衡表の好転・逆転のケース。

□続いて、典型パターン以外に基準線と転換線が重なるケースとしてはおおむね次の3つのパターンが考えられる。いずれももみあい相場のケースが多い。確認してみよう。

5、その他の基準線と転換線が重なるケース 

同じ高値、同じ安値で周期を繰り返すケース。W型とかM型とか呼ぶ典型的なもみあい。26日間の最高値と9日間の最高値は同じ。また26日間の最安値と9日間の最安値も同じとなり、基準線と転換線は同値となる。

■これは前回勉強したもみあいの典型パターンだ。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 外為・海外市場・先物> 第38回、一目均衡表その9、「一目均衡表最大の売買シグナル、均衡表の好転・逆転とは?後編、均衡表の好転・逆転の本質!」